森保ジャパンに「刺激を与える」 堂安律が“変革者”に名乗り「雰囲気を変えていければ」

日本代表MF堂安律【写真:©JFA】
日本代表MF堂安律【写真:©JFA】

次節の出場をイメージ「出るなら右のインサイドハーフか右のウイングだと思う」

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節のベトナム戦で1-0と勝利。続く16日のアウェー第6節オマーン戦に臨むなか、MF/FW堂安律(PSV)が13日のオンライン会見に臨み、「僕が刺激を与えられるような存在になりたい」と森保ジャパンの変革者に名乗りを上げた。

 10月シリーズでは負傷によりチームを離脱したなか、11月シリーズは追加招集でメンバー入り。痛めていた膝も回復しており、プレーに支障はないという。ベトナム戦は出場機会が訪れなかったものの、オマーン戦に向けて闘志を燃やす。

「出るなら右のインサイドハーフか右のウイングだと思う。今の感じだと3ボランチに見えるけど、僕が出ると少しスタイルが違う。もう少しFWやウイングの近くでプレーするので、少し変化を加える役割を与えてもらえればそういうプレーができる印象はある」

 最終予選の日本は5試合を終えて3勝2敗、4得点3失点の3位。得点数は最下位のベトナムと並びワーストタイだ。森保ジャパンの立ち上げ当初、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、2列目の堂安、MF南野拓実(リバプール)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)ら攻撃陣が迫力あふれる仕掛けを見せていた。

 当時に比べて2列目の迫力が落ちているのではないか。そんな質問に対して堂安は「第三者の人たちの意見が正直だと思うので、勢いがなく見えるのはそういうことだと思う」と認めつつ、「ただ、状況は違うところがある。最終予選のプレッシャーと相手が引いてくる。ウルグアイなんかは相手もイケイケで、練習試合で南米から来ていてこっちのコンディションが良いとか。ただ、そうやって見えるなら変えていかなといけない。僕が刺激を与えられるような存在になりたい。勝てばいいけど、勝つだけじゃダメという難しい雰囲気を変えていければ」と心に誓う。

 11月7日のエールディヴィジ第12節フォルトゥナ・シッタート戦(4-1)で今季2ゴール目を上げて復活を印象づけた堂安。「毎回、代表に選ばれれば選ばれるほど、回数が増えるほど責任やプレッシャーが増える。親善試合で呼ばれて2次予選、最終予選と舞台は大きくなっている。そうやって責任感が大きくなるほどやってやろうという気持ちで来ている」と気を引き締めていた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング