「日本人選手との間に…」 ベトナム監督が悔しさ吐露、“個の差”指摘「自信を失ってしまう」

ベトナム代表のパク・ハンソ監督(写真左)が日本戦を振り返る【写真:Getty Images】
ベトナム代表のパク・ハンソ監督(写真左)が日本戦を振り返る【写真:Getty Images】

「選手たちはベストを尽くしたが…」 パク・ハンソ監督が悔しさ吐露

 11月11日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節で、ベトナムは日本に0-1と敗れた。ベトナム代表を率いる韓国人のパク・ハンソ監督は「日本人選手との間に大きな差がある」と力量差を認めた。ベトナム紙「Tuoi Tre」が伝えている。

 今予選、ここまで4戦全敗で最下位に沈むベトナムは前半17分、FW伊東純也(ヘンク)に先制ゴールを献上。後半は粘り強い戦いを見せて追加点を許さなかったものの、同点ゴールを奪えずに敗れている。

 会見室でジャーナリストから健闘を称えられたパク・ハンソ監督は「ありがとう、でも負けたので称えるというのはおかしい。日本にアジアカップでも0-1で敗れ、今日も0-1だった。選手たちはベストを尽くしたが、個人の能力という点では、日本人選手との間に大きな差がある」と彼我の実力差を認めた。

 また指揮官は、アジアの強敵と対峙した際、ベトナムの選手たちが自信を喪失してしまうと指摘。「以前のベトナム代表は東南アジアのチームとしか対戦しておらず、現在アジアのトップチームと対戦すると、選手たちは自信を失ってしまう。これもおそらく、選手がさらに成長するための経験を積むためのプロセスなのだろう」と続けている。

 ベトナムはここまで全敗しており、「我々は5敗しており、ストレスがあるのは事実。私のサッカー人生において、これほど勝ち点1を獲得するのが難しいと感じたことはない」と悔しさをにじませた。

【読者アンケート】日本代表@ベトナム戦

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング