「機内から1度出たいと言ったけど…」 吉田麻也、チャーター便遅延トラブルを回想

日本代表のキャプテンを務めるDF吉田麻也【写真:高橋 学】
日本代表のキャプテンを務めるDF吉田麻也【写真:高橋 学】

給油のために立ち寄ったロシアで足止めされるトラブルに見舞われる

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選ベトナム戦を控える。そのなかで一部の欧州組が乗るチャーター便の遅延トラブルに見舞われ、9日の練習には間に合わず。全員での練習は試合前日の1日のみとなるが、キャプテンのDF吉田麻也(サンプドリア)は10日のオンライン会見で、「とてもいい経験になりました」と前を向いた。

 吉田やDF冨安健洋(アーセナル)ら11人が乗ったチャーター機は、集合地オランダを8日に出発し、当初は9日午前にベトナムの首都ハノイに着く予定だった。しかし、給油のため立ち寄ったロシアで足止めされることになり、9日22時頃にハイノに到着(PCR検査は全員陰性)。18時開始予定だった練習には間に合わず、ホテルのジムを使用して別途調整する形となった。

 10日のオンライン会見で、道中のことを問われた吉田は、「(ロシアでの)機内から1回出たいと言ったけど、ビザがないから降りられないと(言われた)」として、長旅を振り返った。

「(サンプドリアが拠点とする)ジェノバからミラノに行って泊まって、朝イチで(オランダの首都)アムステルダムに移動して待機。そこからみんなで移動したけど、ロシアでトラブルがあって9時間か、10時間ストップした。そこからまたフライとしてベトナムへ。だいたい24時間くらい機内にいましたね。隔離があるなかで、少ししか練習できないことが続いたので、しっかり話す機会がなかった。その意味ではいい経験になった。こういう経験はしておいたほうがのちのち、将来になって役に立つと思う」

 ベトナム到着から中1日での試合となり、コンディション次第では、キャプテンの吉田もスタメン起用かは不透明な状況。それでも、百戦錬磨の男は「まずは出る準備をして試合に挑む」と力強く語る。

「監督が決めるのでどうなるか分からないですが。どの選手もそうだけど自分が100%のアプローチをしないといけない。誰が出ても良いので勝つこと。チームが勝つために何をしなければいけないか、おのおの考えているだろうけど、僕はそれ以上に考えないといけない立場。ピッチやレフェリング、スタジアムの雰囲気に惑わされるので、集中してプレーすること。そして良い入りをするのが一番大事」

 このアクシデントを乗り越え、ベトナム戦できっちりと勝ち点3を手にしたいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング