岡崎慎司、マラガ戦で負傷 上顎骨の骨折で2日入院とスペインメディア報道

カルタヘナでプレーする元日本代表FW岡崎慎司【写真:Getty Images】
カルタヘナでプレーする元日本代表FW岡崎慎司【写真:Getty Images】

マラガ戦で右目下を打撲

 スペイン2部カルタヘナに所属するFW岡崎慎司は、現地時間11月7日に行われたリーグ第15節マラガ戦(3-1)で負傷。上顎骨の骨折で、経過観察を含めて今後2日間、入院すると地元紙「スポーツ・カルタヘナ」が伝えた。

 敵地でのリーグ第14節レガネス戦(1-1)では、MF柴崎岳との日本人対決も実現した岡崎。続くマラガ戦でも先発出場したが、後半30分に交代していた。

 記事によれば、岡崎はマラガ戦で右目下を打撲。上顎骨の骨折で、経過観察を含めて今後2日病院に入院するという。

 今季リーグ戦11試合に出場して1ゴールを挙げていた岡崎。状況が心配されるところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド