「森保さんは優しい人なので…」 柴崎岳、日本代表を支える指揮官の“人柄”を信頼

日本代表MF柴崎岳と森保監督【写真:高橋 学 & ©JFA】
日本代表MF柴崎岳と森保監督【写真:高橋 学 & ©JFA】

「チームをまとめていく人柄は存在すると思う」と言及

 日本代表は8日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の11月アウェー2連戦(11日ベトナム戦、16日オマーン戦)に向けたオンライン会見を実施。MF柴崎岳(レガネス)は、日本代表を率いる森保一監督について「優しい人」と人柄に触れつつ、「監督のパーソナリティーはこのチームの成り立ちに大事なことの1つ」と強調した。

 日本はW杯最終予選初戦でオマーンに0-1と敗戦し、続く中国戦で1-0と勝利。10月シリーズのサウジアラビア戦(0-1)、オーストラリア戦(2-1)を終えて、2勝2敗の4位と苦戦が続く。

 サウジアラビア戦後、森保監督と柴崎が話し合う姿も見られたなか、「森保さんは優しい人なので、気を使っていただいた。2人の間での会話はここで話せないが、いろいろなことを話した。常に日本代表のために、日本代表がどう進むかにつながっていると思う。会話は非常にポジティブなものだった。チームとしての方向性を確認しながら、個人のところに関しては思っているところを言ってくれるし、自分の感じていることも伝える有意義な時間だった」と明かす。

 森保監督は柴崎を中盤の軸として重用してきたなか、サウジアラビア戦では柴崎のわずかにずれたバックパスの流れから失点。続くオーストラリア戦では、MF田中碧(デュッセルドルフ)やMF守田英正(サンタ・クララ)が中盤に抜擢された一方、ベンチスタートとなった柴崎は後半40分から出場し、直後に決勝点となる相手のオウンゴールが生まれている。

 厳しい試合が続くなか、「監督のパーソナリティーはこのチームの成り立ちに大事なことの1つ。森保監督のパーソナリティーは代表でずっと見ている」と力を込める柴崎。「トップの位置につけていない状況で、チームにとって望んでいた状況ではないにしろ、チームをまとめていく人柄は存在すると思う。選手はそれを信じてプレーしてチームを作っていくだけ。そこに集中していきたい」と続け、指揮官を信じて戦い抜くと誓った。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド