日本代表DF酒井宏がフランス名門マルセイユ移籍へ! チーム再建の救世主に

ハノーバー降格を受けて今週中にも正式契約と仏メディア報じる

 日本代表DF酒井宏樹が、フランスの名門オリンピック・マルセイユ入りする可能性が高まっているという。フランスメディア「RMCスポーツ」は、酒井が23日にメディカルチェックを受け、その後に正式契約に至る見込みだと報じている。

 同じく日本代表のMF清武弘嗣やMF山口蛍とともにドイツ・ブンデスリーガのハノーバーでプレーした酒井だが、残念ながら今季は成績が振るわずに2部降格が決まった。そして、今季限りで契約が満了になる酒井に対してはドイツの他クラブやイングランドのチャンピオンシップ(2部相当)のクラブからの獲得調査も伝えられていたが、フランスの名門マルセイユへの加入で合意に至っているという。

 同メディアは、選手に近い関係者の話として木曜日(23日)にメディカルチェックを受け、その後に正式契約に至る見込みだとしている。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング