「素晴らしいこと」 横山久美のプロポーズ成功に米メディア言及「ハッピーなニュース」

ワシントン・スピリットに所属するFW横山久美【写真:Getty Images】
ワシントン・スピリットに所属するFW横山久美【写真:Getty Images】

横山久美は公式SNSでなみさんへの「プロポーズ大作戦」が成功したことを報告

 元なでしこジャパン(日本女子代表)で、米女子サッカーリーグNWSLのワシントン・スピリットに所属するFW横山久美は26日、自身の公式SNSでプロポーズを行い、「イエス」の返事をもらったことを明かした。米メディアも「ハッピーなニュース」と伝えている。

 28歳の横山は、高校卒業後の2012年に岡山湯郷Belleへ加入。その後、AC長野パルセイロ・レディースを経て、17年7月からドイツ女子リーグの1.FFCフランクフルトへ1年間期限付き移籍した。18年から2年間、長野へ復帰した後、19年からワシントン・スピリットの一員としてプレーし、今季はリーグ戦12試合に出場している。

 今年6月、FW永里優季(レーシング・ルイビル)の公式YouTubeチャンネルで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表していた横山。自身のインスタグラムとツイッターで「#プロポーズ大作戦」とハッシュタグを付け、ワシントン・スピリットの本拠地アウディ・フィールドでお付き合いする「なみ」さんに片膝をついて思いを伝える瞬間のショットを投稿した。

「彼女は『イエス』と言ってくれた。みなさん、ありがとう!」

 これを受け、なみさんも「私は『イエス』と言いました。みなさん、ありがとう!!」とインスタグラムに投稿。横山が所属するワシントン・スピリットは公式ツイッターで「ハッピーマンデー。あなたを笑顔にする出来事が。おめでとう、クミ・ヨコヤマ。良かったね。我々もハッピーだ」と祝福し、永里も「おめでとう」とコメントしていた。

 米メディア「The18」は、「NWSLプレーヤーがピッチ上でパートナーへプロポーズ。『イエス』の回答を得る」と見出しを打ち、横山のプロポーズに関してレポートしている。

「クミ・ヨコヤマはプロポーズし、珍しいハッピーなニュースとなった。ヨコヤマはNWSLで2番目となるトランスジェンダーを公表した選手。ワシントンでは、ハラスメントなどNWSL周辺に否定的な見方があるので、リーグからポジティブな話を目にするのは素晴らしいことだ」

 記事では、今年9月にワシントン・スピリット内でハラスメント防止ポリシーの違反が発覚し、リッチー・バーク監督が解任された件にも触れながら、横山のプロポーズ成功をポジティブなニュースとして伝えていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング