「ひかる」が3人集結? なでしこ北川、猶本&清水との“急造トリオ”に注目

北川ひかる(※写真は2017年のもの)【写真:Getty Images】
北川ひかる(※写真は2017年のもの)【写真:Getty Images】

清水梨紗が「ひかる」の文字が書かれたテープをつけ、猶本をまじえて“ひかるトリオ”に

 池田太新監督が就任したなでしこジャパン(日本女子代表)は10月18日から6日間、高円宮記念JFA夢フィールドで候補選手のトレーニングキャンプを行った。日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」のアルビレックス新潟レディースに所属するDF北川ひかるは、合宿終了後の“ひかる3ショット”をツイッターで投稿している。

 北川はJFAアカデミー福島を経て、2015年に浦和レッズレディースへ加入。年代別代表でも活躍し、14年にはU-17女子ワールドカップ(W杯)優勝を経験、16年にはU-20女子W杯に出場した。そして17年になでしこジャパンデビューを果たし、18年夏から現在の新潟Lに在籍している。

 今季はWEリーグ初戦のAC長野パルセイロレディース戦(1-3)で、チーム第1号のゴールをマーク。開幕から5試合連続でフル出場を果たし、なでしこジャパン候補のトレーニングキャンプメンバー23人に選出された。

 22日には千葉・八千代高男子チームと練習試合を行うなど、新チームで共通理解を深めた6日間が24日に終わり、北川は「合宿終了しました! 多くのことを学び吸収することができました!! もっと上手くなれるように頑張ります」

 投稿では、三菱重工浦和レッズレディースのMF猶本光、そして「ひかる」の文字が書かれたテープを練習着につけた日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF清水梨紗との3ショットも掲載されており、「ひかるのスリーショット!????」「真ん中のひかるを連れてきて!(笑)」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド