久保建英、韓国人ファンへの“神対応”「優しいね」と話題 「世界に1枚」ファン仰天

マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】

韓国人ファンと2ショット、イ・ガンインのユニフォームに快くサイン

 MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカが公式YouTubeチャンネルを更新。久保建英が韓国人ファンに“神対応”したシーンを公開して脚光を浴びている。

 久保は9月22日のリーガ第6節レアル・マドリード戦(1-6)に出場するも前半のみの途中交代。膝を負傷し、同26日での第7節オサスナ戦(2-3)では松葉杖姿で試合を観戦していた。

 現在は復帰に向けて準備を進めており、クラブは久保が練習を再開する姿も公開。「リハビリは当初の予定通りに進んでいる。しっかり練習して行こうぜ、建英!」と発信している。

 そんななか、クラブ公式YouTubeチャンネルが「タケ・クボと韓国人ファンとの交流」と題した動画をアップ。リハビリを続ける久保を見つけた韓国人ファンが近づいて声をかけたなか、久保は2ショット撮影に応じている。またマジョルカのユニフォームにサインを求められ、そこには共闘する韓国代表FWイ・ガンインの名前と背番号がプリントされていたが、久保は快くサインをしている。

 コメント欄では「ほんと神」「タケ優しいね」「なにこのほっこりする動画」「この人も一生懸命日本語喋ってるのかわいいね」「久保のサイン入りのイ・ガンインのユニフォームって、世界に1枚しかないだろ」などの声が上がっており、反響が広がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング