「神様、仏様、権田様」 GK権田修一、あわや失点場面の“神セーブ”に反響「よく触った!」

好セーブでゴールを守ったGK権田修一【写真:高橋 学】
好セーブでゴールを守ったGK権田修一【写真:高橋 学】

大ピンチの場面で権田がスーパーセーブを披露

 森保一監督率いる日本代表は12日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節でオーストラリアと対戦。前半8分、先発に抜擢されたMF田中碧(デュッセルドルフ)が先制ゴールを決めた一方、GK権田修一(清水エスパルス)が見せた神セーブに称賛の声が上がっている。

 7日のサウジアラビア戦(0-1)からスタメン3人を変更し、MF伊東純也(ヘンク)、MF田中、MF守田英正(サンタ・クララ)を起用。4-3-3システムを採用した日本は、前半8分にMF南野拓実(リバプール)のクロスから田中が反応し、冷静に流し込んで代表初ゴールを奪った。

 1-0と日本リードで迎えた前半41分にオーストラリアの反撃に遭い、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)に強烈なシュートを許す。だが、守護神・権田が至近距離で反応してボールに触わると、そのままポストに当たって難を逃れた。

 DAZN公式ツイッターが「#権田修一 よく触った!!」と絶賛し、映像を公開。ファンから「よく触った!素晴らしい!」「すげ」「これは神セーブ」「神様、仏様、権田様」など称えるコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド