田中碧、W敗予選初出場で貴重な代表初ゴール 日本が豪州に1-0リードで後半へ

田中碧のゴールで日本代表が先制【写真:高橋 学】
田中碧のゴールで日本代表が先制【写真:高橋 学】

前半8分、南野拓実のクロスから田中碧の右足シュートで日本先制

 日本代表は12日に埼玉スタジアムでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節のオーストラリア戦に臨み、スタメンに抜擢されたMF田中碧の先制ゴールで1-0とリードして前半を終えた。

 3試合を終えて1勝2敗と崖っぷちに立った日本の森保一監督は、このゲームで4-3-3へのシステム変更を決断。中盤にMF遠藤航を中央に、両脇をMF守田英正と東京五輪にも出場した若手MF田中を並べた。一方のオーストラリアは、ここまで最終予選を3戦全勝で、2次予選から同一大会のW杯予選11連勝の世界記録を更新中という絶好調の状態で日本に乗り込んできた。

 最初に大きなチャンスを作ったのは日本だった。前半8分、ペナルティーエリアの左角付近からMF南野拓実が低いクロスを入れると、すり抜けてきたボールをワントラップした田中が右足の低いシュートをサイドネットに流し込んで先制に成功した。最終予選初出場となった田中は、この大一番で代表初ゴールになった。

 その後、オーストラリアにセットプレーの続く難しい時間帯もあったが、GK権田修一を中心にしのいだ。日本は相手ボールを奪ったところから速く攻める形では、可能性のある攻撃を見せながら試合を進めた。同35分には遠藤のボール奪取から一気に速く攻めたが、ゴール正面から放ったFW大迫勇也のシュートは枠外に飛んだ。

 ここまで3試合で7得点のオーストラリアを相手に守備からリズムを作った日本は、同41分にはセレッソ大阪でプレーするFWアダム・タガートのシュートがゴールポストを直撃して冷や汗をかいたが、このまま1-0を維持して前半を終了。後半、オーストラリアの反撃をしのいで勝ち点3を得られるか注目される。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド