【日本代表】古橋亨梧、正念場の豪州戦へ「チャンスは作れる自信がある」 一問一答

オーストラリア戦でのゴールに期待がかかるFW古橋亨梧【画像はスクリーンショットです】
オーストラリア戦でのゴールに期待がかかるFW古橋亨梧【画像はスクリーンショットです】

キャリア最大のプレッシャーをはねのけ、目に見えた結果を誓う

 森保一監督率いる日本代表は、12日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4節でオーストラリアと対戦する。前節サウジアラビア戦(0-1)は途中出場だったFW古橋亨梧(セルティック)が、オンライン取材に応じた。

 古橋の主な一問一答は以下の通り。

――最終予選はここまで3試合で1得点。ゴールできればヒーローになれる。

「ゴールを決めたいし、チームが勝つことが優先。そのためにプレーして、ゴールやアシストができればいい」

――サウジアラビア戦でプレーした手応えは?

「チャンスは作れる自信がある。そこから先が大事。決めないとチームを勝たせることができないので」

――長友(佑都)選手が、(古橋の)スピードは世界で通用すると言っていた。

「そうやって言ってもらえて嬉しいし、信頼を感じる。自分らしくプレーして、1試合に1回はチャンスが来ると思うので、その1本を決められるようにしないといけない」

――オーストラリアの印象。

「非常に大きい選手が多く、ボールもつなぐ。個人的には同僚(MFトーマス・ロギッチ)もいて、厄介な選手だから自由にやらせたくない。チームで一つになって戦えば、抑えられると思う。攻撃ではもっとシュートを意識してゴールに向かいたい」

――普段から大柄な選手を相手にしてプレーしている。

「僕の特長は相手の裏、背中を取る動き。それをやり続ければ相手は嫌がると思う。それで相手のラインを下げれば、スペースで受ける良い選手はたくさんいる。そういう動き出しをしたい」

――オーストラリア戦はこれまでとは質の違うプレッシャーになるのでは?

「自分たちを信じて自信を持ってやるのが大事。この状況を楽しんで、持っているものを試合に出すことができれば絶対に勝利は近づくし、勝利できると思う。素晴らしいメンバーもいるので勝てると思います。いや、勝ちます」

――これまでのサッカー人生でこれほどのプレッシャーはあった?

「正直に言えば、初めての経験。このタイミングでこの経験をしているのは良いこと。だからこそ、チームが勝つために良いプレーをしたい。チームとしても、個人としても、ひと回り大きくなれると思う。明日、勝ちたい」

――オーストラリア戦への意気込み。

「僕はFWなので、チームが勝つためにゴールやアシストをしたい。それをしつつ、守備のところでは、チームが苦しい時に前線から走れるようにしたい」

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング