「ブレたら結果は出ない」 長友佑都、最終予選3戦2敗の苦境も強調した”信じる心”

長友佑都(写真中央)がオーストラリア戦に向けて意気込み【写真:ⓒJFA】
長友佑都(写真中央)がオーストラリア戦に向けて意気込み【写真:ⓒJFA】

サウジアラビア戦にも敗れ、最終予選序盤で早くも本大会出場に黄信号

 森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で3試合を終えて1勝2敗と苦しい状況で12日の第4節オーストラリア戦を迎える。最終予選を過去3回経験しているDF長友佑都は、10日のオンライン会見で「ネガティブになって下を向くのは良くない」と前を向いて結果を追求することを誓った。

 最終予選初戦でオマーンに0-1と足元をすくわれた日本は、中国戦こそ1-0で勝利するも、現地時間7日に行われた敵地でのサウジアラビア戦も0-1で敗戦。3試合でわずか1得点、グループ首位から勝ち点6差と序盤で苦しい状況に追い込まれている。

 過去3大会のW杯本大会、その最終予選を経験している長友は、「(W杯最終予選を)3回経験したけど、3戦して2敗しているので厳しいスタートだと思う」と自分たちが立たされている状況を受け止める。

 ただ、その一方で「ネガティブになって下を向くのは良くない」とも強調する。

「切り替えて、またオーストラリア戦がある。残り7試合あるので、切り替えて前に進むこと。サウジ戦でも、自分たちの課題ができなかったこと、修正することを話し合ってもいる。自分たちがやってきたことを信じるだけ。ここで1人1人がブレたら結果は出ないと思う。やってきたことと仲間、監督、スタッフを信じて戦うことだと思う」

 サッカー人生で何度も逆境を乗り越え、這い上がってきた長友は、強い気持ちを持ってこの試練をクリアしようとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド