日本代表、サウジ戦後のロッカー室状況は? 浅野拓磨「声をかけてくれる選手もいた」

日本代表FW浅野拓磨【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表FW浅野拓磨【写真:Yukihito Taguchi】

サウジアラビア戦で先発出場の浅野「悔しい後半になった」

 日本代表は9日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4節オーストラリア戦(12日/埼玉)に向けたオンライン会見を実施。現地時間7日のサウジアラビア戦(0-1)で先発出場したFW浅野拓磨(ボーフム)は「本能的に落ち込む試合だった」と語っている。

 サウジアラビアでは、0-0で迎えた後半26分にMF柴崎岳のバックパスがミスとなり、ドリブルで持ち込まれた相手FWフェラス・アルブリカンに決勝ゴールを奪われた。試合の展開を振り返った浅野は「想像よりも試合が始まって時間が経つにつれて、会場の暑さ感じた。息苦しさも、思ったより環境の厳しさを感じた」という。

 個人のパフォーマンスでも課題を感じたという浅野。「自分で言えば相手の裏に走る、守備で相手サイドバックやセンターバックとの駆け引きに集中していく中で体力は削られたと思う。その環境の中での戦いと、戦い方できつい45分になった。後半になったら、また動き出せると感じたけれども、それを発揮できる場がなかったのが悔しい後半になった」と回想する。

 日本は最終予選3試合を終えて1勝2敗の3位。W杯本大会の自動出場権が獲得できる2位以内が遠のいており、3位の場合はプレーオフへ回る(グループA3位と対戦。勝者が大陸間プレーオフ出場)。

 サウジアラビア戦後の雰囲気について、「個人的には他の選手と話したことはなかったけど、ロッカールームで落ち込んでいる選手もいれば、次しかないという声をかけてくれる選手もいた」と明かす。

 12日に首位オーストラリア(勝ち点6)と埼玉スタジアム2002で対戦するなか、「本能的に落ち込む試合だったと思うので仕方ないけど、ここにいる限りは次の試合に向けて切り替えて100%の準備をするだけ。次にいい準備をすることしか考えていない。勝ち点3に向けて全力を出し切ったなかで負けてしまった。結果が全てなので何も言うことはない。次の試合が終わった時に、これをやってこられて良かったと思えるような100%の準備をするしかない」と気持ちを切り替えていた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング