冨安健洋が日本の課題に言及、サウジ戦の“ミス多発”を指摘 「後ろから見ても感じた」

日本代表DF冨安健洋【写真:©JFA】
日本代表DF冨安健洋【写真:©JFA】

豪州戦に向けたオンライン会見に対応、後半に失速した攻撃面に課題指摘

 日本代表は9日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4節・オーストラリア戦(12日/埼玉)に向けたオンライン会見を実施。7日のサウジアラビア戦を0-1で落としたこの試合を、DF冨安健洋(アーセナル)は「後半に入ってシンプルなミスが明らかに増えた」と振り返った。

 9月に行われた今予選の2試合(対オマーン/0-1、中国/1-0)を1勝1敗の成績で終えた日本は、7日のアウェー戦でサウジアラビアと対戦。前節の中国戦に続く勝利を狙ったが、0-0で迎えた後半26分にMF柴崎岳のバックパスがミスになり、相手FWフェラス・アルブリカンに決勝ゴールを奪われた。

 試合序盤こそ敵陣へボールを持ち込む頻度が多かった日本だが、後半に入ると失速。サウジ戦でフル出場したセンターバックの冨安は攻撃面について「後半に入ってシンプルなミスが明らかに増えた。それは後ろから見ても感じた。その時間帯で失点してしまった。今ミスが続いていると感じて、後ろから全体に伝えていくことが僕にとっても必要と感じた」と課題を口にするとともに、冷静に戦う必要性を説いた。

「まずは全選手が、今、誰がフリーなのかを感じる必要がある。相手のシステムをしっかりと判断材料に持って、システムがこうだから誰がフリーになると共有しないといけない。それが分かった上で、どうボールを動かすか、ボールを持っていくかというのを全選手が共有しないといけない。

 サイドチェンジが後半は特に僕もないなと感じて、右サイドにある時に僕や逆サイドを見てほしいというのがあった。試合中にも伝えたし、試合後にも話した。そこは良くなっていくと思う。スローインでボールロストが多すぎるので、全員で共有してどうやって逆サイドまで持っていくかは練習でもやっていかなければいけないかなと思う」

 早くも最終予選で2敗目を喫し、本大会進出へ暗雲が漂うなか、12日には3連勝中のオーストラリアとホームで対戦する。冨安は「サウジアラビア戦を取れずに、より追い込まれた状況になっている。僕たちの覚悟をチームとして結集させて臨みたいし、勝ち点3を取るしかないので、その気持ちを結果につなげられるようにピッチでできる限りのことをやりたい」と意気込んだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング