「自滅の日本」 サウジアラビア戦、痛恨ミスからの失点に韓国メディア反応

日本代表は敵地でサウジアラビアに敗れた【写真:Getty Images】
日本代表は敵地でサウジアラビアに敗れた【写真:Getty Images】

後半26分に柴崎のバックパスミスを奪われ、決勝ゴールを献上

 森保一監督率いる日本代表は現地時間7日(日本時間8日)、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節のサウジアラビア戦で0-1と敗れた。MF柴崎岳のバックパスミスを突かれての失点を受け、韓国メディアは「自滅の日本」と伝えている。

 MF久保建英が膝の故障で招集回避の日本は、MF伊東純也が累積警告による出場停止、MF堂安律も怪我による離脱で不在。4-2-3-1の右サイドハーフにはFW浅野拓磨が起用された。

 日本は前半6分、柴崎が距離のある所から強烈な無回転ミドルでサウジゴールを強襲。GKにわずかにコースを変えられて先制点とはならなかったが、積極的な姿勢をピッチに表現した。少しずつサウジボールの時間も長くなってきたなかで迎えた前半29分、日本は相手ボールを奪ったところからMF鎌田大地が中央に一発で出したスルーパスに、FW大迫勇也が抜け出しにかかった。追いすがるセンターバックの前でGKと1対1になりかけるシーンだったが、ゴール右を狙ったシュートはセーブされてしまった。

 前半をスコアレスで折り返した日本は後半5分、柴崎が中盤でボールを奪われてカウンターを食らい、決定機を許すもGK権田修一がFWアブドゥルラフマン・ガリーブのシュートを左足で防いでピンチを回避。しかし、同26分、DF吉田麻也を狙った柴崎のバックパスがズレたところを、途中出場のサウジアラビアFWフェラス・アルブリカンにカットされてしまう。吉田、DF冨安健洋が懸命に追いかけるが、そのままペナルティーエリア内に持ち込まれ、権田の股下を抜かれて決勝ゴールを献上してしまった。

 最後までゴールを奪えず、0-1で敗れた日本。韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」は「なぜ? “自滅”の日本がサウジアラビアに0-1で黒星。すでに2敗目」と見出しを打ち、結果をレポートしている。

「日本が揺れている。森保監督率いる日本は、最終予選の第3節サウジアラビア戦で0-1と敗れた。“オーマンショック”後、中国を下して自尊心を回復させた日本は通算勝ち点3のまま。一方、ベトナム、オマーンに続き、日本も倒したサウジアラビアは3連勝で勝ち点9となった」

 韓国は同日行われたW杯アジア最終予選シリア戦で、エースのFWソン・フンミンの決勝ゴールで勝利しており、日本とは明暗分かれる形となった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング