レアル撃破の大金星ゴール「100回以上見た」 ヒーローMF、母国で知名度アップ

シェリフ・ティラスポリのセバスティアン・ティル【写真:AP】
シェリフ・ティラスポリのセバスティアン・ティル【写真:AP】

CL第2節、シェリフがレアルに2-1勝利

 レアル・マドリード(スペイン)は現地時間28日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でシェリフ・ティラスポリ(モルドバ)に1-2で敗れた。大金星の決勝ゴールを決めたルクセンブルク代表MFセバスティアン・ティルは「100回以上見た」と語っている。スペイン「マルカ」が報じた。

 CL初戦でインテル相手に勝利を収めていたレアルは、本拠地サンティアゴ・ベルナベウにシェリフを迎えた。前半25分、ウズベキスタン代表FWヤスルベク・ヤフシボエフのヘディングシュートでシェリフが先制。後半20分にフランス代表FWカリム・ベンゼマのPKで同点に追いついたレアルだが、試合終了間際の後半44分にティルがエリア外から強烈な左足のボレーシュートを叩き込まれ、伏兵にまさかの失態を演じた。

 スペイン紙「マルカ」は「25ヤードの距離から、アウトサイドで放たれたティルのハーフボレーの一撃は、純粋に美しいものだった」と絶賛。また、この日のヒーローとなったティルには祝福メッセージが相次いだ模様で、ティルは「多くの友人がビデオをネットにアップしてくれたので、電話を取るたびに見ている。これまでに100回以上見た」とBBCワールドサービスのインタビューで説明しているという。

 鮮やかなゴールで脚光を浴びたティル。「ルクセンブルクは小さな国なので、もしかしたら私のことを知っている人が増えたかもしれない」と語り、母国でも注目度は急上昇しそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド