浦和監督、5失点大敗に落胆「すごくショックの大きい試合」「何が要因だったのか」

浦和のリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】
浦和のリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】

神戸に1-5と敗戦「神戸が上回ったなという印象」

 浦和レッズは2日のJ1第31節のヴィッセル神戸戦で1-5と大敗を喫した。浦和のリカルド・ロドリゲス監督は試合後、「すごくショックの大きい試合」「何が要因だったのか、まだ分からない」と語り、肩を落としている。

 試合は前半8分、神戸の元日本代表DF酒井高徳が入れた低いアーリークロスに日本代表FW大迫勇也が反応し、移籍後初ゴール。その後、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに2ゴールを奪われ、前半だけで0-3とリードを奪われた。後半早々にFW小泉佳穂が1点返して2点差に縮めるも、FW武藤嘉紀、FWボージャン・クルキッチに被弾し、5失点で敗れた。

 試合後、ロドリゲス監督は「我々にとってはすごくショックの大きい試合となった」と振り返り、「入りがあまり良くなかった。それはどういった理由だったのか。ピッチが少し影響してしまったのか、何が要因だったのか、まだ分からない」と口にしている。

 ハーフタイムの交代について「ゴールをより決めるために前線の選手を入れた、それとプレスをかけられるようにした」と意図を明かしつつ、「後半1点取り返したんですけど、また点を決められてしまった。神戸が上回ったなという印象です」と総括していた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング