「鳥肌」 アーセナル岩渕、FA杯トッテナム戦の“股抜きミドル弾”に衝撃「発想が凄い」

トッテナム戦でゴールを決めたFW岩渕真奈【写真:Getty Images】
トッテナム戦でゴールを決めたFW岩渕真奈【写真:Getty Images】

FA杯トッテナム戦で1ゴール、華麗な股抜き→右足ミドル弾が反響

 アーセナル女子チームのなでしこジャパン(日本女子代表)FW岩渕真奈は、現地時間26日に行われた女子FAカップ準々決勝・トッテナム戦(5-1)で前半に同点弾をマーク。相手の股を華麗に抜き、右足ミドルを突き刺したゴラッソの瞬間にクラブ公式ツイッターが注目すると、ファンからは「発想が凄い」「魔法」といった賛辞が上がっている。

 岩渕はトッテナム戦の前半15分、左サイドからのクロスのこぼれ球をペナルティーアーク内で拾うと、スライディングを仕掛けてきた相手を華麗な股抜きでかわし、ドリブルで一つ持ち出してから右足を一閃。強烈な一撃がゴール右隅に決まり、貴重な同点ゴールとなった。

 このゴラッソの瞬間を、アーセナル女子の公式ツイッターが注目し動画を投稿。映像からは岩渕が意図的に相手の股を狙っていたようにも見えたことから、ファンからは「完全に狙って股抜いてる!!??」「スライディングを股抜きとか上手過ぎ」「明らかに狙ってると思うけどスライディングして来た相手の股を抜く発想が凄い」「魔法」「鳥肌。なにこれ」「美しい」といった賛辞が上がるなど反響が寄せられている。

 華麗なテクニックの持ち主である岩渕は、FA女子スーパーリーグのマンチェスター・シティ戦(5-0)でも鋭いフェイクで相手を転倒させる大技”アンクルブレイク”を披露し話題に。男子チームでは、プレミアリーグデビュー後3試合で好パフォーマンスを続けた日本代表DF冨安健洋の評価が高まっているが、女子チームでも岩渕が健在ぶりを示している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド