“危険”行為を逸脱したFC東京レアンドロの愚行 現代スポーツで悪役スターは成立しない

肘打ち行為で物議を醸したFC東京FWレアンドロ【写真:Getty Images】
肘打ち行為で物議を醸したFC東京FWレアンドロ【写真:Getty Images】

【識者コラム】名古屋戦で相手DF中谷に肘打ち、スタジアムに響いた被害者の悲痛な声

 かつて英国にヴィニー・ジョーンズという「荒くれ」を売りにする選手がいた。自国リーグで通算12回の退場、104回の警告という最多記録を持ち、FAカップ決勝では開始3秒でイエローを受けたそうだ。1992年10月には、様々な反則を解説する「Soccer’s hard man」というタイトルのビデオを出して大ヒット。だが2万ポンドの罰金と6カ月間の出場停止処分が科せられた。

 1988年にジョーンズと対戦した元イングランド代表のスターだったポール・ガスコインは、試合中一貫して「首筋に呼吸がかかる」ほどの密着マークを受け、脅され続けたと証言している。「耳を噛み切るぞ」と囁かれ、激しいタックルを受けた後には「また来るからな」とにやり。映像が限られ監視の緩かった時代のピッチ上では、こうして危険に満ちた心理戦が繰り広げられていた。

 9月22日、5000人に満たない観客が見守る静かな味の素スタジアムで、被害者の悲痛な声が響き渡った。

「もう何回やってんだよ、レアンドロ。ほら、映像見てよ」

 スタジアムのビジョンには、ボールを運びフィードした直後の中谷進之介(名古屋グランパス)に、追走するレアンドロ(FC東京)が肘打ちをするシーンが映し出されていた。さすがに今回ばかりは即座に退場処分が下された。

 こめかみ辺りに傷を負った中谷は、試合後の会見で再度主張した。

「昨年から何度もやられている。Jリーグには、しっかり選手を守って欲しい」

 現場でレアンドロの肘打ちを確認できたのは2度目だった。昨年8月のサガン鳥栖戦でも、背中に密着マークをする樋口雄太をプレーとは無関係に攻撃した。直前に樋口がファウルをしたので、威嚇を込めた行為だったはずだ。ただし、まだVAR導入前の出来事で、審判団は確認ができず当日はカードも出されなかった。

 名古屋戦後にFC東京の長谷川健太監督は懸命に訴えた。

「前回(3試合出場停止処分になったガンバ大阪戦)は報復ですが、今回は苛立ちというより何とかしたいという想いから出た行為。報復でないことだけは分かってほしい」

 しかしネット上には、レアンドロの様々な暴行シーンの映像が溢れており、それは「今まで何人もやられている」という中谷の主張を裏づけている。実際中谷のチームメートだけでも稲垣祥や木本恭生が肘打ちの被害に遭っており、FC東京が次に名古屋と対戦するルヴァンカップ準決勝2試合でレアンドロの出場を自粛するのも当然の措置だった。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング