「お気に入りの休日の過ごし方」 福岡助っ人DF、阿蘇山でのハイキング動画を公開

アビスパ福岡でプレーするDFエミル・サロモンソン【写真:Getty Images】
アビスパ福岡でプレーするDFエミル・サロモンソン【写真:Getty Images】

元スウェーデン代表DFサロモンソン、ハイキングで心身ともにエネルギーをチャージ

 アビスパ福岡の元スウェーデン代表DFエミル・サロモンソンは、今年でJリーグ3年目を迎えている。ここまでリーグ戦26試合に出場しているなか、インスタグラムで日本でのお気に入りの休日の過ごし方を紹介している。

 スウェーデン代表で8試合に出場した経験を持つサロモンソンは、2019年からJリーグでプレー。サンフレッチェ広島を経て、20年から福岡へ移籍し、最終ラインのレギュラーの一角として君臨している。

 そのなかで、インスタグラムで「阿蘇くじゅう国立公園」と綴り、大自然の中で笑顔を浮かべる動画を公開。「ハイキングはお気に入りの休日の過ごし方です。今年ほどフィジカル面とメンタル面でリチャージとリカバリーが重要なことはなかった。今日は母なる自然に触れ合って素晴らしい1日でした」と、オフを満喫したことを報告した。

 浴衣を着たり、奈良のことを訪れたり、日本の文化に積極的に触れてきたサロモンソン。海外ファンからは「とても美しい」「癒される」「ワオ!」と阿蘇の景色へのコメントが複数寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド