冨安は「手強い」 ソン・フンミンとの”プレミア初対決”に韓国注目「判定で破った」

冨安健洋とソン・フンミンがプレミアリーグでマッチアップ【写真:Getty Images】
冨安健洋とソン・フンミンがプレミアリーグでマッチアップ【写真:Getty Images】

伝統の「ノースロンドンダービー」で実現した"初マッチアップ"に韓国メディア熱視線

 アーセナルの日本代表DF冨安健洋は26日のプレミアリーグ第6節トッテナム戦で3試合連続となるスタメン出場を果たし、3-1の勝利に貢献した。右サイドバックとして出場し、トッテナムの韓国代表エースFWソン・フンミンとマッチアップする場面もあったなか、韓国メディアは「手強い守備を見せた」と両者の対戦に注目している。

 今夏の移籍マーケットで名門アーセナルへ加入した冨安は、新天地デビュー戦となったプレミアリーグ第4節ノリッジ・シティ戦(1-0)、翌節のバーンリー戦(1-0)でともに右サイドバック(SB)として出場。ノリッジ戦での攻守にわたる積極的なプレーに賛辞が寄せられると、バーンリー戦でもデュエル勝利数で100%をマークするなど、安定感際立つパフォーマンスを披露した。

 トッテナムとの伝統の“ノースロンドン・ダービー”でも先発メンバーに名を連ねると、試合序盤から堂々たるプレーで攻守に奔走。英サッカー情報サイト「Squawka」によると、この試合で冨安はチーム最多のボールタッチ67回、ボールリカバリー8回を記録。プレミアリーグデビュー以降、3試合でいまだにドリブル突破は許しておらず、アーセナル黄金期を支え、キャプテンも経験した元イングランド代表DFトニー・アダムス氏も「私はトミー(冨安)が大好きだ。彼のポジショニングは素晴らしかった」と、絶賛した。

 自陣右サイドではソン・フンミンとマッチアップする場面がたびたび見られ、手堅い守備で突破を許さず、空中戦では無類の強さを発揮した。そんな両者のマッチアップに、韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」が注目。「ソン・フンミンをブロックした日本のDF冨安は、手強い守備を見せた」との見出しとともに、「冨安はトッテナムの攻撃の脈絡をことごとく断ち切るのが上手かった。ソン・フンミンの攻撃が止まるシーンもあった。後半15分、ケインのシュートがGKラムズデールに阻まれた際、ソン・フンミンは慌ててボールに反応したが、冨安が上手くカットした」と評している。

 一方で後半34分、持ち場であった右サイドからクロスを許しソン・フンミンに1点を返されたことから、記事では「ソン・フンミンは、ミニ日韓戦で冨安を判定で破った」とも指摘。伝統の“ノースロンドン・ダービー”で実現した冨安とソン・フンミンによるプレミアリーグ初対決に韓国メディアも注目していた。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド