クラブ史上初となる2年先の加入内定 山梨学院大FW平河悠が町田入りを決断した理由

町田ゼルビアに内定している山梨学院大のFW平河悠【※画像はスクリーンショットです】
町田ゼルビアに内定している山梨学院大のFW平河悠【※画像はスクリーンショットです】

特別指定選手にも認定され、町田の三島強化部長は「すぐでにも来てほしい」と期待

 J2のFC町田ゼルビアは24日、2023年シーズンからの加入が内定している山梨学院大のFW平河悠が特別指定選手に認定されたことに伴い、オンライン会見を実施した。クラブ史上初となる大学3年時での内定を勝ち取ったアタッカーは、「自分にプレッシャーをかける意味でもいいかと思って決断した」と語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 スカウトから面白い選手がいると話があがり、8月に練習参加した平河。9月16日に2023年シーズンの加入が決定したが、2シーズン先の内定はクラブ史上初の事例となる。「来年に決めることは選択肢としてあった」としつつも、「2年先のことを今決めて、自分にプレッシャーをかける意味でもいいかなと思って決断しました」と理由を明かした。

 佐賀東高時代にはサイドハーフを務めていた平河は、自らの特徴に「オフ・ザ・ボールの動き出し」「ゴール前の攻撃力」を挙げる。日頃から日本代表FW古橋亨梧(セルティック)、MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)の動画を参考にしていると言い、「古橋選手はオフ・ザ・ボールの動き出しでGKと1対1に持っていくのが上手な選手。自分はもともとサイドハーフですし、ドリブルする機会もあるので、三笘選手のタッチとか勉強になるなと思って見ています」と語った。

 町田の三島俊孝強化部長も、「うちにいないタイプ。特に攻撃面で得点も取れるし、チャンスメーカーでもある。スピードもあるドリブラー。戦力になり得ると思って(2シーズン先の内定を)決断した。クラブとしてはすぐにでも来てほしい。でも、大学も今リーグ戦をやっているので、どういう形で来れるかを今調整中」と期待を寄せた。

 ランコ・ポポヴィッチ監督率いる町田の印象については、「攻撃的でとても面白いサッカー。中盤からサイドにはたいたり、つなぐイメージもあったり、前線も良い選手がいて得点を取るイメージ」と回答。「FWで出て点を取るのが理想だけど、高校時代はサイドハーフでしたし、チームに貢献できるポジションがあればそこで活躍したい」と意気込んでいた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も