森保監督は敵将を「軽視した」 英記者が先発布陣に疑問「傲慢な顔を叩いてくれと…」

パニックになる必要はないが、森保監督はすぐさま行動に移すべき

 そして、森保監督は彼自身にもスポットライトを当てなければならない。彼はなぜ久保や堂安を先発させなかったのか。なぜ彼らをヨーロッパから遅れて合流することを認めたのか。なぜ日本の勝利のために彼らの才能を生かすことができなかったのだろうか。

 そして今回選ばれなかったのが不思議な選手たちもいる。東京五輪で印象的な活躍をした田中碧はなぜいないのか。鈴木優磨はどうしたのだろうか。大迫は素晴らしい選手だが、以前のようなレベルにはなく、後継者を見つける必要があるだろう。鈴木にはその可能性があるが、森保監督は彼を選ぼうとしない。

 パニックになる必要はない。問われている問題は、すべてチームにとってポジティブなものとして答えることができるし、予選突破を確実にすることもできるだろう。しかし、森保監督はすぐさま行動に移す必要がある。さもなければ、監督への疑念はさらに大きなものとなっていくだろう。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(マイケル・チャーチ/Michael Church)


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング