森保監督は敵将を「軽視した」 英記者が先発布陣に疑問「傲慢な顔を叩いてくれと…」

日本代表を率いる森保一監督【写真:Getty Images】
日本代表を率いる森保一監督【写真:Getty Images】

W杯最終予選の初戦でオマーンにまさかの敗戦「絶望的だと悲嘆に暮れる必要はない」

 森保一監督率いる日本代表は、2日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選初戦でオマーンと対戦し、ホームで0-1と敗れた。7大会連続のW杯出場を目指すなか、まさかの黒星スタートとなった一戦を、海外の識者はどのように見たのか。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、「不運な夜だった」としたうえで、この1敗で「悲嘆に暮れる必要はない」としている。だが、森保監督がベストメンバーを送り出さなかった点は「傲慢な顔を叩いてくれと言わんばかり」と指摘し、勝負の中国戦に向けて教訓にすべきとしている。

   ◇   ◇   ◇

 吹田でのオマーン戦のような敗北の後には、当然お決まりのリアクションが起こる。気持ちが昂り、ショックが収まらないうちは、大規模な変更を求める声も挙がるだろう。

 しかし、一歩引いて冷静に考えてみれば、この敗戦が世界の終わりでないことが分かる。森保一監督体制で9試合目のW杯予選で初の敗北。実に不運な夜だった。

 この敗北によって、日本のW杯出場の望みが絶望的だと悲嘆に暮れる必要はない。残りの9試合、サムライブルーがカタールW杯の出場権獲得のために苦しい戦いを強いられると、敗北主義者のような態度を取るのは実に愚かなことだ。

 しかし、教訓にしなければならない部分もある。森保監督にとって、これは重大な分岐点になるはずだ。森保監督は狡猾なブランコ・イバンコビッチ監督を軽視し、最初からベストメンバーを送り出さなかった。

 日本は伊東純也と原口元気がスタメン起用され、冨安健洋は日本の最終予選の開幕戦に出るのではなく、アーセナルと契約するためにロンドンに飛び立つことを許可された。

 理由はどうあれ、堂安律と久保建英、そして冨安を欠いたチームを送り出すというのは、オマーンにその傲慢な顔を叩いてくれと言わんばかりだった。

 原口と伊東は、堂安と久保の水準には遠く及ばなかった。日本はボール保持ができず、ファイナルサードで創造性を発揮できなかった。そのことが2人の不十分さを物語っていた。ハーフタイムで原口が古橋亨梧と交代したことに驚きはなかった。

 植田直通は他のセンターバックと比べてクオリティーが低いと、試合開始早々で明らかになった。ミスキックによってボールポゼッションの不安を露呈。吉田麻也も含め、彼らはオマーンFWのフィジカルの強さと動きに苦労していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング