「自分の限界を作らない」 町田MF吉尾海夏、“得点力覚醒”を呼んだ心境の変化

町田所属2年目の吉尾はここまでチーム内得点王の活躍【写真:ⓒFCMZ】
町田所属2年目の吉尾はここまでチーム内得点王の活躍【写真:ⓒFCMZ】

レンタル期間延長に込めた決意「まだまだやり残したことがある」

 クラブ史上初のJ1リーグ昇格を目指すFC町田ゼルビアは、29日にホームで行われるJ2リーグ第27節でヴァンフォーレ甲府と対戦する。自動昇格の2位以内を目指すうえで重要な一戦のキーマンの1人が、チーム内得点王のMF吉尾海夏だ。「自分はもっと上に行ける」――。飽くなき向上心を持って、成長を続ける23歳のレフティーを直撃した。

 横浜F・マリノスのユースで育った吉尾は、2017年にトップチームへ昇格。2年目の18年にはアンジェ・ポステコグルー監督(現セルティック監督)の下でJ1デビューを果たし、ベガルタ仙台への期限付き移籍を経て、20年から期限付き移籍で加入した町田でプレーしている。

 今季を迎えるにあたっては、レンタル期間を1年延長する形となったが、そこには吉尾の強い決意が垣間見える。

「1年目に関しては、あれだけ多くの試合(リーグ戦33試合で3ゴール)に使ってもらったなかで、結果を残せず、まったくチームの力になれなかった。2年目の話をいただいた時に、まだまだやり残したことがあるなと思いましたし、ゼルビアで試合に出続けられたら、選手としても、人としても成長できるなと思いました」

 勝負のプロ5年目は、ここまで25試合に出場して、チームトップにしてシーズン自己最多の7ゴールをマーク。開幕前に立てた「7ゴール7アシスト」という目標のうち、得点に関しては前半戦だけで達成した。4月18日のJ2第8節V・ファーレン長崎戦(3-0)で今季初得点を含む2ゴールを挙げて「肩の荷が下りたというか、心の余裕ができた感覚がありました」と明かすが、6月27日の第20節愛媛FC戦(5-0)でプロ初のハットトリックをマークするなど、アグレッシブにゴールを狙う姿勢が結果につながっている。

「去年は少し考えすぎてしまったというか、ゴール前でパスを選択するような消極的なところがあって、なかなかゴールという形で結果が残せませんでした。だから、今年は考え方を変えて、多少強引でもシュートで終わろうと。キャンプの時からゴールにこだわっていましたし、結果も伴って自分の中では良い感覚がありました。愛媛戦のハットトリックは、間違いなく自分にとって大きな自信になりました。ただ、逆に言えば、もっともっと自分は力を出せるなと思った試合でもありました」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」