「アジアベストの1人」 CLゴラッソ炸裂の岩渕真奈、AFCの週間MVP候補に選出

なでしこジャパン(日本女子代表)のアーセナルFW岩渕真奈【写真:Getty Images】
なでしこジャパン(日本女子代表)のアーセナルFW岩渕真奈【写真:Getty Images】

CLオクジェトペス戦、PSV戦で立て続けにゴールをマーク

 なでしこジャパン(日本女子代表)のエースとして東京五輪に出場したFW岩渕真奈は、新天地アーセナルで上々のスタートを切った。AFC(アジアサッカー連盟)の週間MVP選考でノミネート10人に入り、「アジアベストの1人」と称えられている。

 岩渕は東京五輪に出場後、今季から加入した強豪アーセナルへ合流。18日に行われた女子UEFA女子チャンピオンズリーグ(CL)予選1回戦のオクジェトペス(カザフスタン)戦(4-0)に先発出場し、新天地デビュー戦で1ゴールを奪取。幸先良いスタートを切って迎えた21日のCL予選第1ラウンド決勝PSV戦では、圧巻の活躍を披露。1-0でリードして迎えた前半39分、ショートコーナーからパスを受けると、斜めの角度から右足を一閃し、ファーサイドへ鮮やかな一撃を突き刺した。

 後半20分にもさらに1点を奪い、チームの勝利に貢献した岩渕。アーセナルデビュー後、公式戦2戦3ゴールという活躍はもちろん、PSV戦の前半終盤に奪った圧巻の一撃が現地で注目を浴び、アーセナル女子公式インスタグラムでは、シュートの瞬間の写真が添えられるとともに「シンプルにワールドクラス」と称賛されていた。

 AFC公式サイトは岩渕を、セルティックの日本代表FW古橋亨梧、シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太らとともに、今週のAFCインターナショナルプレーヤーMVP候補10人に選出。記事では、オクジェトペス戦で1ゴールのほかにパス57本とドリブル5回成功、PSV戦ではパス成功率83%を記録したデータを紹介しつつ、「アーセナルの夢の始まり」「アジアベストの1人」と称えている。

 古橋も新天地セルティックで快進撃を見せており、日本人選手3人が週間MVP候補に名を連ねている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング