ハーランド、来夏移籍先の“最有力候補”を独紙指摘 「ポールポジションにいるのは…」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】

今季限りでの退団が確実視、スールシャール監督率いる“赤い悪魔”が最有力候補と現地指摘

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは今季限りでの退団が確実視されている。争奪戦をリードするのはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドだとドイツ紙「ビルト」が報じている。

 昨年1月のドルトムント加入以降63試合で62得点と驚異的なペースで得点を重ねているハーランド。メガクラブからの関心が伝えられ、ドルトムントからのステップアップは時間の問題と見られ、移籍が噂されている。

 ビルト紙は「2022年の夏には確実に別れを告げる」とハーランドは来年の夏の移籍市場でドルトムントを去るとレポート。契約には22年夏には7500万ユーロ(約97億円)で移籍できる放出条項が含まれていると伝えられており、今季がドルトムントでのラストシーズンとなる可能性が高いようだ。

 移籍先にはレアル・マドリードやチェルシー、マンチェスター・シティなどの名前が挙がるなかで、同紙は「ポールポジションにいるのはマンチェスター・ユナイテッド」と同胞のオレ・グンナー・スールシャール監督率いる“赤い悪魔”が最有力候補だとしている。ハーランドは16歳だった2017年にスールシャール監督の下でモルデのトップチームデビューを飾っている。かつての恩師の下でさらに羽ばたくことになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング