スウェーデン女子FW、五輪開催国の日本に感謝 「素晴らしい国を訪れられて楽しかった」

スウェーデン女子代表FWソフィア・ヤコブソン【写真:Getty Images】
スウェーデン女子代表FWソフィア・ヤコブソン【写真:Getty Images】

今大会3アシストを記録したヤコブソンがスウェーデン帰国後にSNSで日本に感謝

 スウェーデン女子代表は、東京五輪のサッカー女子で2大会連続の銀メダルを獲得した。決勝でカナダに惜敗して悲願の金メダルを逃すも、その戦いぶりは見る者を魅了したが、主力選手のFWソフィア・ヤコブソンは帰国後、自身のインスタグラムで日本への感謝を綴っている。

 FIFAランキング5位のスウェーデンは、前回の2016年リオ五輪では決勝でドイツに1-2で敗れて銀メダル。19年女子W杯では3位と近年の国際大会でコンスタントに好成績を残してきた。今大会でもグループリーグ初戦で優勝候補のアメリカに3-0で快勝すると、3連勝で首位通過。準々決勝ではなでしこジャパン(日本女子代表)を3-1で破り、オーストラリアとの準決勝を1-0で制して決勝へと駒を進めた。

 悲願の金メダルを懸けたカナダとの一戦も、前半34分にFWスティーナ・ブラックステニウスのゴールで幸先良く先制。しかし、後半19分にPKを献上してしまい、同点に追いつかれた。1-1のまま延長戦に突入した試合は、決着がつかずPK戦に突入。守護神ヘドヴィグ・リンダールが相手のシュートを2本ストップする活躍を見せたものの、最終的にPKスコア2-3で敗れた。スウェーデンにとっては2大会連続で、決勝で敗れる悔しい結末となった。

 自身3回目の五輪出場で、5試合3アシストと攻撃の中心を担ったヤコブソンは、スウェーデンに帰国後に自身のインスタグラムを更新。オリンピック選手村でお茶目にポーズをとる姿、そして選手村の自室から見える夕暮れ模様をアップするとともに、開催国・日本への感謝を綴っている。

「ありがとう日本、ありがとう東京! とても素晴らしい皆さんの国を訪れることができて、楽しかったです! このパンデミック(新型コロナウイルスの世界的大流行)の困難な時期でさえ、オリンピック期間中、皆さんは私たちを安心させてくれました。すべてのアスリートが良いパフォーマンスができ、日本をリスペクトしたと願っています! そして、今回のオリンピックを実現するために、昼夜を問わず働いてくれたすべてのボランティアの方に感謝します」

 ハッシュタグで「#arigato」とも添えられており、ヤコブソンは五輪参加選手として、最後まで日本にリスペクトを示していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド