スウェーデン女子FW、東京の景色堪能 ”朝焼け→夕焼けショット”をダブル披露

スウェーデン代表FWコソヴァレ・アスラニ【写真:Getty Images】
スウェーデン代表FWコソヴァレ・アスラニ【写真:Getty Images】

FWコソヴァレ・アスラニが早朝の景色に続き、夕方の鮮やかな景色をSNSで投稿

 東京五輪女子サッカーのスウェーデン代表FWコソヴァレ・アスラニが自身の公式インスタグラムを更新。日没間際の絶景な”夕暮れショット”を投稿している。

 2008年にA代表デビューを果たして以来、長年にわたってスウェーデン女子代表で活躍してきたアスラニは、12年ロンドン五輪に出場すると、16年リオ五輪では銀メダル獲得に貢献。19年に開催されたフランス女子ワールドカップでは3ゴールを奪い、チームを3位に導いた。またクラブでは、これまでパリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティなどを渡り歩き、現在はスペイン女子1部リーグのレアル・マドリードでプレー。名門の“顔”として活躍している。

 東京五輪での活躍にも期待が懸かるなか、今大会ではここまでの全5試合に出場し、日本との準々決勝(3-1)でPKにより1ゴールをマーク。チームはオーストラリアとの準決勝を1-0で勝利し、史上初となる金メダル獲得のチャンスまであと1勝まで迫った。

 カナダとの運命の決勝戦を6日に控え、スウェーデン代表の選手団は現在、東京の選手村に滞在中。そんななか、アスラニが自身の公式インスタグラムを更新し、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)に、「1857 Tokyo sunset」と記された1枚の写真を公開している。

 投稿された写真には日没間際の”夕暮れショット”が収められており、雲が赤く染まり、ビルもライトアップが始まりつつある雰囲気漂う1枚だ。アスラニは同日、「457 Tokyo sunrise」と日の出間際の”朝焼けショット”も披露しており、日本の景色を満喫しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド