「もうピピと呼ばれるのを望んでいない」 レアル中井の“成長曲線”にスペイン紙注目

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

ラウール監督が指揮を執るカスティージャのプレシーズンマッチに途中出場

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳のMF中井卓大は、現地時間7月31日に行われたカスティージャ(Bチーム)のフレンドリーマッチ・レガネス戦(0-1)に後半32分から途中出場し、注目度が増している。スペイン大手紙「AS」も、「ナカイ、クボの後を追う」と特集を組んだ。

 中井はスペインの名門レアルの下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)に所属していた。

 レアル下部組織の公式ツイッターとインスタグラムでは先日、「フベニールA 新シーズンの準備はできている!」の一文とともに、始動初日の映像を公開。そのなかで中井が軽快なボールタッチや、スタッフと笑顔で挨拶する姿が収められており、公式サイトではまだ発表されていないものの、フベニールA(U-19相当)に昇格したと見られている。

 そして7月31日、フベニールAのさらに一つ上のカテゴリーにあたるカスティージャのフレンドリーマッチ・レガネス戦(スペイン2部)に後半32分から途中出場。「17番」を背負い、カスティージャ所属のMFカルロス・ドトール・ゴンザレスに代わって中盤3枚の一角に入ると、ボールを受けて捌き、果敢に飛び出していくなど精力的に動いた。

 スペイン大手紙「AS」は、「ナカイ、クボの後を追う」と見出しを打ち、「ラウール監督の手により、レガネスを相手にカスティージャでデビュー。同監督は昨年のユースリーグ終盤で選手を招集。(ジネディーヌ・)ジダン監督下でトップチームでも練習した」と言及。中井のこれまでの経歴についても紹介している。

「17歳のタクヒロ・ナカイはもう『ピピ』と呼ばれることを望んでおらず、苗字の『ナカイ』で知られたいと願っている。日本の若きタレントは、ラウール監督のチームでの今季プレシーズン2試合目でカスティージャデビューした。ナカイは東京五輪5試合で3得点を挙げて活躍している同国人スター、クボの足跡を追っている。

 ナカイはアズーフットボールクラブで活躍し、日本のマドリードスクールに参加した後にマドリード到着。その前から喜びあふれるプレーで注目を集め、YouTubeのビデオや日本のテレビで話題になっていた。広い視野と試合を読む力があるミッドフィールダーで、ドリブルのための並外れた技量とチームへの犠牲を厭わない。そのすべての特徴からラウール監督が2020年8月のユースリーグ終盤に選手を招集。マドリードのタイトル獲得につながった。昨季はユースBチーム(フベニールB)に所属。そのレベルの高さとプレーぶりから、ジダン監督がトップチームの練習に呼んだ」

 プレシーズンとはいえ、レアルBチームのカスティージャのピッチに立ったことで、中井の注目度はさらに増しているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング