「久保以外にもワンダーキッド」 レアル中井のカスティージャ出場試合に海外注目

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

柴崎岳が所属するレガネスとのフレンドリーマッチにカスティージャの一員として出場

 スペインの名門レアル・マドリードの下部組織に所属する17歳のMF中井卓大が現地時間7月31日、レアル・マドリードのBチームであるカスティージャのフレンドリーマッチに後半32分から途中出場した。海外メディアも「レベルの高さを彷彿させるシーンを披露した」「レアルにはクボ以外にもワンダーキッドがいる」と伝えている。

 中井はスペインの名門レアルの下部組織に9歳から加入。インファンティールA(U-14相当)、カデーテB(U-15相当)、カデーテA(U-16相当)、フベニールC(U-17相当)と順調に階段を上り、昨季はフベニールB(U-18相当)に所属していた。

 だが中井は、昨年8月にフベニールA(U-19相当)の選手が出場するUEFAユースリーグに“飛び級”で登録。また、国際Aマッチウィーク中には、多くの代表選手が不在となったトップチームのトレーニングにも招集されるなど、着実に評価を高めていた。

 レアル下部組織の公式ツイッターとインスタグラムでは先日、「フベニールA 新シーズンの準備はできている!」の一文とともに、始動初日の映像を公開。そのなかで中井が軽快なボールタッチや、スタッフと笑顔で挨拶する姿が収められており、公式サイトではまだ発表されていないものの、フベニールAに昇格したと見られている。

 そして7月31日、フベニールAのさらに一つ上のカテゴリーにあたるカスティージャのフレンドリーマッチ・レガネス戦(スペイン2部)に後半32分から途中出場。「17番」を背負い、カスティージャ所属のMFカルロス・ドトール・ゴンザレスに代わって中盤3枚の一角に入ると、ボールを受けて捌き、果敢に飛び出していくなど精力的に動いた。

 海外サッカーサイト「BeSoccer」スペイン語版は、「“ピピ”ナカイのカスティージャでのデビュー」との見出しで、取り上げている。

「わずか17歳の日本人選手、タクヒロ・“ピピ”・ナカイが、レアル・マドリード・カスティージャーのレガネス戦で出場時間を得た。この試合でレベルの高さを彷彿させるシーンを披露した。創造的なセンターMFで、非常に高いボール供給能力とボール扱いに優れた能力を持っている」

 また、インドネシアの民放テレビ局「SCTV」の報道番組「Liputan6」も、「レアル・マドリードには、タケフサ・クボ以外にも日本のワンダーキッドがいる。ナカイはまだ17歳。素晴らしい逸材だ。レガネス戦でナカイが対峙した相手はかなり年上だったが、ポテンシャルが垣間見えた」と伝えた。

 今後、フベニールA、カスティージャの競争にどこまで食い込んでくるか、中井のパフォーマンスから目が離せない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド