なでしこJ、強豪スウェーデンに健闘! 田中の2試合連続ゴール炸裂、1-1で前半折り返す

同点ゴールを決めたなでしこFW田中美南【写真:Getty Images】
同点ゴールを決めたなでしこFW田中美南【写真:Getty Images】

ヘディングシュートで先制を許すも、田中が長谷川のクロスを押し込み振り出しに

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、30日に東京五輪女子サッカーの準々決勝でスウェーデンと対戦。先制を許すも追いつき、1-1でハーフタイムを迎えた。

 E組で1勝1分1敗と苦しみながらも3位通過した日本の高倉麻子監督は、FW岩渕真奈とFW田中美南の2トップを決断。前回のチリ戦でスタメンだったFW菅澤優衣香はベンチからも外れた。スウェーデンはG組でアメリカやオーストラリアといった強豪と同組に入ったが、3連勝で首位通過して金メダルの有力候補に躍り出ている。

 そのスウェーデンが立ち上がりからの時間は圧倒した。日本は左サイドバックのDF宮川麻都の背後を再三にわたって狙われ、前半7分にはコーナーキックの二次攻撃からDFマグダレナ・エリクソンに高い打点のヘディングシュートを決められて0-1と先制を許した。

 その後の時間帯も日本は苦しい状況に陥ったが同23分、右サイドでボールが落ち着くとMF長谷川唯が相手サイドバックの背後に飛び出し、最終ラインとGKの間に入れるアーリークロスを選択すると、田中が合わせてゴール。数少ないチャンスをものにした日本が1-1の同点に追いついた。

 さらに日本は背後に抜けようとした田中が接触で倒れてPKの判定となったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの進言で映像確認が行われ、その結果PKは取り消しになった。その後はスウェーデンが再びペースを握るような時間になったが、そのまま1-1でハーフタイムに突入した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング