“神の子”トーレスが泣いた… 「人生をかけた」CL決勝でPK奪取も、復活劇のラストを栄冠で飾れず

完全復活のシーズンを歓喜で締めくくれず号泣

 アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、28日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝レアル・マドリード戦に先発フル出場した。同点弾となるはずだったPKを誘発するなど活躍したが、延長戦の末に敗れた。「神の子」と呼ばれたアトレチコの英雄は試合後、人目をはばからずに号泣した。

 この日、トーレスはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとともに2トップを形成した。試合前の会見で「人生をかけた決戦なんだ」と意気込んでいた「エル・ニーニョ(神の子)」は、後半1分に輝きを放った。

 後半から4-1-4-1システムの1トップにシフトすると、グリーズマンのパスに絶妙な抜け出しを披露する。ペナルティーエリア内でDFペペに倒され、主審はペナルティーキックの判定を下した。

 これで試合は振り出しになるはずだったが、グリーズマンのPKはバーを叩いてしまう。1-1の同点で迎えたゲーム終盤にはDFフアンフランのクロスをニアサイドで合わせるなど、献身的な姿勢を前線で示し続けた。延長120分間にわたってピッチを駆け回り、運命のPK戦をピッチ内で仲間とともに見守った。4人目のDFフアンフランが外し、その直後にレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを成功させた瞬間、アトレチコとトーレスの夢はついえた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング