「後悔は少しもしていない」 元日本代表GK都築龍太、闘い続けた日々と32歳での引退

日本代表も経験したGK都築龍太(浦和時代)【写真:Getty Images】
日本代表も経験したGK都築龍太(浦和時代)【写真:Getty Images】

【元プロサッカー選手の転身録】都築龍太(元G大阪、浦和、湘南)前編:若気の至りで起きた確執と熾烈なライバル関係

 今回の「転身録」はガンバ大阪、浦和レッズ、湘南ベルマーレの3クラブに所属し、日本代表も経験したGK都築龍太(43歳)だ。現役時代は気迫漲るプレーを見せ、浦和ではタイトル獲得も経験。2010シーズン限りで32歳での現役引退を決断すると、15年からはさいたま市議会議員を務めている。前編ではG大阪と浦和での忘れられない試合や、ライバル関係について振り返る。(取材・文=河野 正)

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

   ◇   ◇   ◇

 全国高校サッカー選手権で6度の優勝を誇る長崎の強豪、国見高校から1997年にガンバ大阪入りしたGK都築龍太にとって、6年間の在籍中に節目や岐路となった試合が、決まってジュビロ磐田戦だった。

 そもそもJリーグデビューの相手が磐田だ。98年11月14日の万博記念競技場。G大阪が4-2で前半を折り返したが、後半に3失点し4-5で痛恨の逆転負けを喫した。

 G大阪の正GKは96年途中から岡中勇人が担ってきたが、2000年の開幕前に体調を崩して離脱。早野宏史監督は都築を守護神にする腹積もりでいたが、ちょっとした事情で出られなくなった。第1ステージ第12節の磐田戦でようやく出番がくると、ここから出場停止1試合を除き、60戦連続で先発することになる。

 この磐田戦は、劣勢のG大阪がアンドラジーニャの2得点で2-1と逆転勝ちし、都築も藤田俊哉のPKを止めている。

「ガンバで一番忘れられない試合ですね。ゴン(中山雅史)さんと激突して内側側副じん帯を痛め、テーピングで激痛を抑えながらやり通したことが、すぐ頭に浮かびます。ドクターには止められたけど、中断期間までの3試合は、痛み止めの注射を打って強行出場。チャンスを逃したくなかったんですね」

 だがこの試合から数えて節目となる60試合目が、チームを去る岐路に一変するのだから皮肉なものだ。相手はまたしても因縁の磐田である。

河野 正

1960年生まれ、埼玉県出身。埼玉新聞運動部で日本リーグの三菱時代から浦和レッズを担当。2007年にフリーランスとなり、主に埼玉県内のサッカーを中心に取材。主な著書に『浦和レッズ赤き激闘の記憶』(河出書房新社)『山田暢久火の玉ボーイ』(ベースボール・マガジン社)『浦和レッズ不滅の名語録』(朝日新聞出版)などがある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」