名手ムヒタリアン、元同僚で「最強の3人」を選出 「サッカーの知性」を称えた1位は?

ローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン【写真:Getty Images】
ローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン【写真:Getty Images】

伊メディアからの質問にイブラヒモビッチ、ポグバ、オーバメヤンと回答

 イタリア・セリエAのローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、過去にチームメートとしてプレーした選手のトップ3を語っている。衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版が報じた。

 ムヒタリアンは2013年にドイツ・ブンデスリーガの強豪ドルトムントに移籍してからブレーク。当時の日本代表MF香川真司ともチームメートになった。その後はマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルとイングランド・プレミアリーグの名門を渡り歩き、現在はローマでプレーしている。

 そうしたキャリアのなかでともに戦った選手の「最強の3人」を尋ねられたムヒタリアンは、1位にユナイテッド時代の同僚だったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを選出し、「彼の持つ格、サッカーを理解してプレーする知性」が理由だと話した。

 そして2位にもユナイテッド時代にプレーしたフランス代表MFポール・ポグバを選出し、「彼は強い選手だ。時々、彼は過小評価されるが、違いを生み出すことができる」と絶賛。さらに、3位にはドルトムントとアーセナルでホットラインを形成したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを選び、「お互いを理解し合っている」と話した。

 現在のローマではイタリア代表にも選出された経験を持つ22歳のMFニコロ・ザニオーロを絶賛し、「シーズン初日から、ザニオーロは素晴らしい選手だと感じる。僕は彼を信頼している。彼は去年欠けていた何かを与えてくれるだろう。その存在感、力強さ、戦術的、技術的な能力が彼を物語っている。彼は上手くやってくれると思うし、ローマの順位やチーム力が少しでも高くなるように助けてくれるだろう」と話した。

 今季からジョゼ・モウリーニョ監督が就任することでも注目を集めるローマだが、数々の名プレーヤーとチームメートになってきたムヒタリアンのプレーにも注目したいところだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング