なでしこJ、英国に敗れる エース岩渕の投入実らず0-1敗戦…グループ突破へ暗雲

後半の失点で英国代表に敗れ勝ち点は積み上げられず【写真:Getty Images】
後半の失点で英国代表に敗れ勝ち点は積み上げられず【写真:Getty Images】

今大会初勝利を懸けイギリスと対戦も、後半の1失点で屈す

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、東京五輪グループステージ2戦目で24日にイギリス代表と対戦。耐える展開の続いたゲームは後半に決勝ゴールを奪われ、0-1で敗戦した。

 日本は初戦カナダ戦で11の引き分けに持ち込む同点ゴールを決めたFW岩渕真奈をベンチスタートにし、FW田中美南がスタメン出場。MF長谷川唯を田中の近くでプレーさせ、左サイドにはMF杉田妃和が入った。また、ボランチでは当初18人発表のメンバーではバックアップの4人のうちの1人だったが、22人にレギュレーション変更になったことで正式メンバー入りしたMF林穂之香がスタメンに入った。そして、GKには山下杏也加が起用された。

 初戦のチリ戦に勝利しているイギリスは丁寧なビルドアップから両サイドを使おうとする意志を見せ、日本はサイドを経由して前進した上で、林がポジションを上げて積極的なミドルシュートを放つ場面もあった。しかし、全体的に両チームともゴール前に入り込む場面はほとんど作ることができず、試合は完全に膠着。このまま前半は両者ともに決定機を作ることができず、0-0のままハーフタイムに突入した。

 後半に入ると、組織的にポジションを取って攻撃を組み立てるイギリスが圧倒的にボールを保持し、日本は4-4-2のブロックを組んで耐える展開になった。局面での必死なプレーでイギリスの攻撃を受け止める時間が続いた。

 しかし同30分、右センターバックのDFステフ・ホートンに長い距離をドリブルで運ばれて日本の守備がズルズルと下がったところから、右サイドのDFルーシー・ブロンズがゴール前へクロス。そこにエースのFWエレン・ホワイトがニアサイドに走り込んで、ヘディングシュートが決まった。イギリスのキープレーヤーたちに仕事をされる形で、ついに日本ゴールは陥落してしまった。

 反撃に出たい日本はラスト10分で「10番」の岩渕を投入するも、組織的なポゼッションでコントロールする相手に対してプレスは効率的にならず、ゴール前に迫るような場面はほとんど作れず、日本はこのまま0-1で敗れた。

 東京五輪の女子サッカーは4チームずつ分かれた3組の各組上位2チームと、3位のうち成績上位の2チームが準々決勝に進む。日本は2戦を終えて1分1敗の勝ち点1となり、第3戦のチリ戦は是が非でも勝利が必要になった。一方で、2試合を終えて勝ち点6のイギリスは準々決勝進出が決まった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング