本田、香川らが五輪で味わった“3戦全敗”の屈辱 「勝てる相手」と戦う初戦の難しさ

北京五輪世代の中心選手となったMF香川真司【写真:Getty Images】
北京五輪世代の中心選手となったMF香川真司【写真:Getty Images】

A代表経験者は多かったが大舞台で戦う経験が不足していた

 前半20分、日本は理想的な先制機を作った。右CKで本田圭佑から短いパスを受けた内田篤人が、ニアサイドの香川真司へつける。香川が内田へ戻すと、今度は逆サイドへグラウンダーの速いクロスを入れた。ゴール前では、森重真人が完全にフリー。あとは無人のゴールへ向けて合わせれば良かった。

「あらかじめ準備してきた5~6パターンの一つ。でも使ったのは、あれが最初で最後になった。たぶんトラウマになったんだろうな……」(反町監督)

 決定的なシーンで、森重はミートに失敗し枠を外してしまう。日本は千載一遇のチャンスを逃した。

 しかし、本来のレギュラーセンターバック(CB)2人を欠くアメリカは守備が不安定で、何度も日本の右サイドを空けてしまい内田がフリーで駆け上がった。最初のチャンスは逃したが、日本は主導権を握りながら前半を終了している。

 ところが後半開始早々に均衡は破れた。米国は右サイドバック(SB)のマルベル・ウィンが長友佑都と並走しながらクロスを入れる。水本裕貴が跳ね返すが、目の前のスチュアート・ホルデンに渡ってしまった。ホルデンのシュートにはGK西川周作も反応したが、ボールはコロコロとゴールへ転がった。

 日本にはツキもなかった。香川のクロスを本田がフリーで狙う。さらには交代出場の李忠成が、長友からのボールをGKとの衝突を怖れずに飛び込むが枠をかすめる。アディショナルタイムには、豊田陽平に対する明らかなPKを見逃されてしまった。

 その後、日の丸をつけて大舞台で戦っていく選手たちも、まだ経験不足だった。

「特に長友は過緊張で、開始5分で安田理大にウォームアップを命じた。すでにフル代表でのデビューを果たしているのに、そういう状態だった」(反町監督)

 結局勝たなくてはいけない初戦で躓いた日本は3戦全敗で大会を終える。成長途上の選手たちに、黒星スタートから巻き返す力はなかった。

 だがこの悔しさは、大きなバネになった。香川、本田、長友、内田、吉田麻也、岡崎慎司……何人もの選手たちが欧州へ飛び立ち、そこで確固たる実績を残していくのだった。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)


page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング