神様ジーコ、鹿島と浦和は「日本で最大のライバル」 J創設前の豪快“ドライブ弾”を回想

かつて鹿島でプレーしていたジーコ氏【写真:Getty Images】
かつて鹿島でプレーしていたジーコ氏【写真:Getty Images】

ジーコ氏が公式インスタグラムに住友金属時代のゴラッソ映像を投稿

 1993年のJリーグ創設以降、数多くの世界的名手が来日しプレーしたが、アマチュア時代から日本サッカーに携わり、その発展に尽力した人物といえば、元ブラジル代表MFジーコ氏だろう。選手としてはもちろん、Jリーグ最多優勝を誇る鹿島アントラーズの礎を築き、現在もテクニカルディレクターとしてチーム強化に携わっている。そんな“サッカーの神様”が、自身の公式インスタグラムを更新。1991年に加入した前身の住友金属時代に決めた20メートル超ドライブ弾の映像を投稿し、「私はこれが本当に好き」と振り返っている。

 卓越したテクニックと得点力を誇ったジーコ氏は、母国の名門フラメンゴで長年プレーし、ブラジル代表としても1978年、82年、86年とワールドカップに3度出場。セレソンの10番を背負ったスーパースターは、91年に鹿島の前身である住友金属に加入し、“常勝軍団”の礎を築いて94年に引退した。その後は日本代表監督などを経て、現在は鹿島のテクニカルディレクターを務めている。

 そんな伝説の司令塔が、自身の公式インスタグラムに住友金属時代のスーパーゴールの映像を投稿した。来日した1991年の8月18日に行われたJSLカップ1回戦・三菱自動車戦(現・浦和レッズ)のものと見られるが、10番を背負ったジーコ氏は敵陣でボールを受けると、ゴールまで20メートル以上ある位置から左足を一閃。ドライブ回転のかかった一撃は相手GKの頭上を破りゴールネットを揺らした。

 ジーコ氏はこのゴールについて「美しさだけでなく、歴史的にも私はこれが本当に好きです」と振り返っている。当時の住友金属は93年のJリーグ開幕時からの加盟が決まっていたものの日本サッカーリーグ(JSL)2部に所属しており、同1部の三菱などよりも戦力的に劣ると見られていた。そのなかでジーコ氏自身がゴールを決め、チームも勝利したことから、思い出深い一撃になっているようだ。

 ジーコ氏は最後に「現在、住友はJリーグの鹿島アントラーズで三菱は浦和レッズであり、日本で最大のライバル関係が続いている」と、30年を経た2チームの関係性に言及。自らが礎を築いた鹿島とJリーグの発展に、感慨深い様子だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング