「中田英寿やケーヒル級の選手がいない」 豪州記者、W杯最終予選“同組”の日豪へ警鐘

ワールドカップへの切符を争う日本代表とオーストラリア代表【写真:Getty Images & ⓒJFA】
ワールドカップへの切符を争う日本代表とオーストラリア代表【写真:Getty Images & ⓒJFA】

【識者コラム】W杯アジア最終予選でまたも同居、B組は「見た目より厳しいグループ」

 クアラルンプールで行われた先日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組分け抽選会は、ゲストのいないリモート形式だったこともあって大きな興奮はなかったが、最後の黄色いボールが開かれた時、オーストラリアでは熱狂と困惑が入り混じったリアクションが起きていた。

 これで何度目の再会だろう。日本とオーストラリアは、またしてもメジャートーナメントの予選で一緒に戦うことになった。

 この2つの国は半世紀以上にわたってサッカーで結びついてきた。最初の激突は1956年のメルボルン五輪だった。その後、日本サッカー殿堂入りを果たしている横山謙三や宮本輝紀、渡辺正、森孝慈、小城得達らが出場していた1970年W杯アジア・オセアニア予選でも対戦している。

 1994年のキリンカップ、2001年のコンフェデレーションズカップでも2つの国は対戦してきたが、2006年にオーストラリアがAFCに加盟したことで“現代のライバル関係”
が始まった。そして驚くべきことに、オーストラリアと日本はそこから2006年のW杯、2007年と2011年のアジアカップ、2013年の東アジアカップ、そして直近3回のW杯予選すべてで対戦している。

 まるで何十年もの間、同じ誕生日プレゼントを受け取っているようで、このライバル関係は歓迎されているようだが、今回ばかりはオーストラリアのサッカーファンも、これまでとは違う感情を抱いているような気がする。

 それはサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)にとって、もう一つの可能性がイランだったからだ。1998年W杯予選のプレーオフ、ピッチに1人のクレイジーなファンが乱入してゴールネットを引き裂く事件が起きたあの「メルボルンの悲劇」で、オーストラリアのW杯出場の望みを打ち砕いたイランとも歴史的なライバル関係だったからだ。

 悲しいかな、ここでそれは実現しなかった。とにもかくにも、グループ1位と2位がカタール行きの権利を獲得できるなかで、日本とオーストラリアが仲良くトップ2のシード国となっている。

 まず、サッカルーズと日本が気をつけなければならないのは、このグループが見た目よりも厳しいグループだということだ。サウジアラビアは脅威であり、ベトナムは技術的に優れ、機動力のある選手を育成することにかけてはアジア最高の国の一つとなっている。

 ベトナムは元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏を育成部門に招聘し、ユース施設に多額の投資を行ってきた。ゴールデン・スター・ウォリアーズ(ベトナム代表の愛称)は、アジアサッカー界の新たな巨人となりつつある。彼らのことを侮るのは危険だ。

page1 page2 page3

スコット・マッキンタイヤー

東京在住のオーストラリア人ジャーナリスト。15年以上にわたってアジアサッカー界に身を置き、ワールドカップ4大会、アジアカップ5大会を取材。50カ国以上での取材経験を持ち、サッカー界の様々な事象に鋭く切り込む。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」