「PK以外は正直良くなかった」 岩渕真奈、“10番初得点”で豪州戦勝利も修正点に言及

なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】
なでしこジャパンFW岩渕真奈【写真:Getty Images】

長谷川が獲得したPKを決めて勝利も、「もっとチャンスを作りたかったし、作れた」

 なでしこジャパン(日本女子代表)は14日、東京五輪前では最後の実戦機会となる国際親善試合オーストラリア戦に臨み、FW岩渕真奈の決めたPKで1-0の勝利を収めた。「10番」を背負って初のゲームとなった岩渕は試合後のフラッシュインタビューで、「PK以外に関しては正直良くなかった」と振り返った。

 4月、6月と力の差がある相手に大勝する試合が続いたが、FIFA(国際サッカー連盟)ランキングで10位の日本は、同9位で五輪にも出場するオーストラリアという同格の相手との対戦になった。

 日本は前半29分、左サイドからのボールに合わせたMF塩越柚歩のシュート、FW菅澤優衣香のループシュートがGKに弾かれたところに詰めた岩渕と立て続けにチャンスを迎えたが、そこでゴールは奪えなかった。

 一方のオーストラリアはエースで主将のFWサマンサ・カーを軸に攻撃を仕掛けようとしたが、日本は中盤までの守備で攻撃をカットする場面を多く作り、ゴール前の場面は多く作らせずに試合を運んだ。両者とも先制点は奪えず、0-0のままハーフタイムを迎えた。

 日本は選手交代なく後半に入ると、左サイドからMF長谷川唯がクロスを蹴り込んだところで目の前の相手選手がハンドの反則。これで得たPKを、この試合から本大会に向け「10番」をつけた岩渕がゴール左に蹴り込み、同9分に1-0の先制に成功した。

 日本の高倉麻子監督は、後半17分に4人の同時交代を実施。岩渕もMF遠藤純との交代でピッチをあとにした。

 試合はその後、気温も湿度も高い環境で両者ともやや間延びした感もあり、オープンなゴール前の場面が増加するも、決定的な突破に成功する場面はなかなか生まれず。日本はこのまま1-0での逃げ切りに成功し、五輪前のラストマッチを勝利で飾った。

 岩渕は試合後のフラッシュインタビューで、「PK以外に関しては正直良くなかった。正直、前半に関してはもっとチャンスを作りたかったし、作れたと思う」と振り返った。

 また、21日にグループリーグ初戦(カナダ戦)を迎える東京五輪に向けては、「いろいろな責任を背負ってチームを引っ張れるようなプレーをして、みんなで笑顔で終われるように頑張りたい」と思いを口にした。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング