「共同でバロンドール」 伊代表の“熟練”CBコンビを海外絶賛「軍隊よりも安全」

イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニとDFレオナルド・ボヌッチ【写真:AP】
イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニとDFレオナルド・ボヌッチ【写真:AP】

36歳キエッリーニ&34歳ボヌッチの鉄壁CBへ“栄誉の授与”をスペイン紙提案

 欧州選手権(EURO)で53年ぶりの優勝を果たしたイタリア代表。チームを支えたDFジョルジョ・キエッリーニとDFレオナルド・ボヌッチのセンターバックコンビをスペイン紙「マルカ」が「共同でバロンドール」「軍隊よりも安全」と称賛した。

 グループステージ3連勝でA組首位通過を果たしたイタリアは決勝トーナメントでもオーストリア、ベルギー、スペインと強豪を次々に撃破。決勝のイングランド戦では前半早々に失点しながらも同点に持ち込み、PK戦で3-2の勝利を収めた。この結果、1968年大会以来53年ぶり2度目の欧州王者に輝いた。

 大会MVPに選ばれたGKジャンルイジ・ドンナルンマとともに“アッズーリ”を支えたのがセンターバックで長年コンビを組む36歳の主将キエッリーニと34歳のボヌッチだ。経験に裏打ちされた安定感ある守備で相手のアタッカーを封殺したうえ、ボヌッチはイングランド戦で値千金の同点弾を叩き込んでいる。

 スペイン紙「マルカ」はEURO制覇に貢献した2人について「共同でバロンドールだ」と欧州最優秀選手賞の栄誉を2人1組で与えるように提案。「軍隊よりも安全を保証してくれる」「彼らは絶対的なプロフェッショナル。彼らのユニフォームは2枚で1つの値段で売られるべきだ。あるいは2人の連名のネーム入りで販売されるべきだろう。共同でのウィキペディアページがあってもいいし、バロンドールの共有に値する。驚異的だ」とコンビとしての活躍を大絶賛した。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」