EURO制覇のマンチーニ監督、“PK敗退”イングランドの心情に配慮 「気の毒な気持ち」

イタリアを欧州王者に導いたロベルト・マンチーニ監督【写真:AP】
イタリアを欧州王者に導いたロベルト・マンチーニ監督【写真:AP】

イタリアを頂点に導いたマンチーニ監督、快挙達成の選手を絶賛「素晴らしいグループだ」

 欧州選手権(EURO)は現地時間11日に決勝が行われ、イタリアがPK戦の末にイングランドを下して53年ぶり2回目の優勝を果たした。イタリアを欧州王者に導いたロベルト・マンチーニ監督は、試合直後の衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューに「PK戦は運も必要。イングランドに気の毒な気持ちがある」と気遣った。

 イタリアは通常通りの4-3-3を採用したが、3バックで臨んだイングランドにサイドを広く使われて前半2分に失点。その後も苦しい時間が続いたが、変則3バックに変更した後半にはセットプレーから同点ゴール。決勝ゴールを奪えそうなチャンスもあったが延長戦にもつれ込み、最終的にはPK戦での勝利となった。

 2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)の欧州予選で敗退して本大会出場を逃す大失態を演じたイタリアは、マンチーニ監督にスイッチして世代交代を進めながらチームを立て直した。まさにイタリアサッカーの救世主となり、欧州王者にまでチームを導いた指揮官は決勝の死闘を振り返っている。

「考えるのも難しいほどのことだったが、選手たちは最高だった。彼らに対する言葉は見つからないが、素晴らしいグループだ。ここまで簡単な試合はなかったが、今日も難しいものになった。だが、徐々に支配することができた。PK戦にはちょっとばかりの運が必要なものだ。イングランドに気の毒な気持ちがある。チームは成長してきたし、まだ良くなるだろう。すべてのイタリア人にとって喜びであり、彼ら(選手たち)に対しては言葉もないよ」

 イタリアは大会中にDFレオナルド・スピナッツォーラがアキレス腱断裂の負傷で離脱となったが、準決勝後も決勝後も、試合後には彼に捧げる歌を大合唱した。そして、この決勝後の記念撮影では中央にスピナッツォーラを配置している姿もあった。指揮官が話したような「グループ」の象徴と言える光景だった。

 イタリアはこれで国際Aマッチ34戦無敗を継続。リベンジでの出場を期す来年のカタールW杯でも、優勝候補の一角として認識されるのは間違いなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」