“悲運”を乗り越えW杯出場へ 若きフットサル日本代表候補、“U-20合宿”で示した格の違い

U-20フットサル日本代表のキャプテンであるFP毛利元亮【写真:勝又寛晃】
U-20フットサル日本代表のキャプテンであるFP毛利元亮【写真:勝又寛晃】

浜松とのトレーニングマッチで先制ゴールを挙げる活躍を見せる

 フットサル日本代表は、今年9月12日にリトアニアで開催されるフットサル・ワールドカップ(W杯)に出場する。フットサル日本代表がフットサルW杯に出場するのは、2012年にFW三浦知良(横浜FC)も出場したタイ大会以来、実に9年ぶりのことだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在、W杯の登録メンバー発表を控えているなか、候補選手たちはそれぞれの所属クラブでFリーグを戦い、アピールを続けている。6月28日から30日には、最終登録メンバー発表前、最後となる代表候補合宿が行われた。そこにはU-20フットサル日本代表のキャプテンであるFP毛利元亮も最年少で招集されている。

 2020-21シーズンのFリーグ新人王にも輝いた毛利だが、ここまでのキャリアを振り返ると「悲運のエース」と形容したくなる。2019年、彼は一つ上の世代のU-20フットサル日本代表にも選出されていた。しかし、中心選手の1人として臨むはずだったU-20AFCフットサル選手権イラン2019では、大会直前のチーム練習中に負傷。国内での最終合宿に参加し、成田空港までチームと帯同して決戦の地に飛び立つチームメートたちを見送った。その後、毛利抜きで戦ったU-20日本代表は、初のアジア制覇を成し遂げた。

 そして、今年開催されるはずだったAFC U-20フットサル選手権は、新型コロナウイルスの影響により、大会が中止となってしまった。前の世代の代表チームにも、飛び級で招集されていた毛利だが、結局、AFC U-20フットサル選手権の舞台には一度も立つことができなかったのだ。

浜松とのトレーニングマッチで先制ゴール【写真:勝又寛晃】
浜松とのトレーニングマッチで先制ゴール【写真:勝又寛晃】

 ここまでAFCの国際大会と縁のない毛利だが、若手中心路線に舵を切った所属クラブのペスカドーラ町田では、中心選手として活躍を続けており、2020-21シーズンは21試合に出場して13得点を記録。3位となったチームを最前線から牽引した。今シーズンも5試合で3得点を挙げており、得点を奪える力を証明している。トップリーグでの活躍が評価された毛利は、3月に初めて日本代表候補合宿に招集されると、その後もU-20日本代表の活動、フル代表の活動、町田の活動と3つのチームで技術を磨いた。

 U-20フットサル日本代表ではキャプテンマークを巻く大黒柱だが、同チーム最後の活動となった6月23日のアグレミーナ浜松との練習試合では、先制点を記録。また、昨シーズンから課題だった守備の局面で手を使ってしまい、ファウルを取られるような場面もなくなり、逆に高い位置で強く的確に相手のボールを突き、ショートカウンターに持ち込む場面も多々見られた。第3ピリオドでFP大澤雅士が決めたゴールも、毛利のボール奪取からシュートしたボールを相手GKが弾いたことで生まれている。

page1 page2 page3

Futsal X

2016年にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリーを問わずフットサル情報を掲載。
http://www.futsalx.com

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価