EURO決勝、イングランドの“圧倒的”ホーム開催へ…イタリアファンは1000人入国許可と発表

イングランドの圧倒的なホーム環境で行われることが確実になった【写真:AP】
イングランドの圧倒的なホーム環境で行われることが確実になった【写真:AP】

決勝は“聖地”ウェンブリーで開催、伊からの入国者には厳しい感染対策を実施

 欧州選手権(EURO)のフィナーレを飾る現地時間11日のイタリアとイングランドの決勝戦は、イングランドの圧倒的なホーム環境で行われることが確実になった。

 決勝戦は英国の首都ロンドンにある“聖地”ウェンブリー競技場で開催される。現在、英国は新型コロナウイルスの感染対策として、イタリアからの旅行者には入国後10日間の隔離が義務づけられている。

 そうした中で、イタリアサッカー連盟は現地時間7日に「条件付きで決勝戦に向けてイタリアからサポーター1000人の入国が認められた」と発表した。

 その条件は、出発前にPCR検査を受診して陰性であることを証明した上で、英国への滞在は12時間以内。イタリアサッカー連盟が仕切るチャーター便に搭乗し、空港からスタジアムも専用の交通機関を使用し、スタジアム内でも別のセクションに隔離されるという念の入りようだという。

 その上で、帰国後には5日間の自主隔離が義務づけられるという厳しい条件が課されるとした。

 英国在住でイタリアを応援するファンを合わせても、全体の中では極めて少数になるのは確実。イングランドが初優勝へ向け、完全なホームでの戦いをする環境を手に入れることになった模様だ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング