「とてつもなくクール」 EURO決勝に導く“コロコロPK”を海外絶賛「鋼の神経」

ジョルジーニョがPKを成功しイタリア代表が勝利【写真:AP】
ジョルジーニョがPKを成功しイタリア代表が勝利【写真:AP】

イタリアがスペインをPK戦の末に破り、2大会ぶりのEURO決勝進出

 イタリア代表は現地時間6日、欧州選手権(EURO)準決勝でスペインと対戦し、1-1でもつれ込んだPK戦を4-2で制して2大会ぶりの決勝進出を決めた。勝利を決める一撃は、PK戦で5人目のキッカーを務めたMFジョルジーニョの右足から生まれたが、相手GKのタイミングを完璧に外してゴール右隅に流し込んだ“コロコロPK”に、海外メディアから称賛の声が上がっている。

 試合は0-0で折り返した後半15分に、イタリアがFWフェデリコ・キエーザのゴールで先制。ボールを支配し続けたスペインは同35分、FWアルバロ・モラタがFWダニ・オルモとの連係から同点ゴールを決めた。その後、延長戦にもつれ込むも決着はつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。

 先攻のイタリアは1人目のMFマヌエル・ロカテッリがスペインGKウナイ・シモンにセーブされたものの、スペインも1人目のオルモが枠を外してしまう。その後は両者ともに成功が続いたが、スペインは4人目のモラタがイタリアGKジャンルイジ・ドンナルンマにセーブされた。そしてイタリア5人目として登場したのが、ジョルジーニョだった。

 チェルシーでのジョルジーニョは、今季プレミアリーグでPKだけで7ゴールを決めチーム内得点王という“PK職人”。決めれば決勝進出が決まるというプレッシャーのかかる場面でも、ジョルジーニョは落ち着いた様子でボールをセットすると、独特なステップを踏んで好セーブを披露していたシモンのタイミングを完全に外し、ゴール右へシュートを流し込んだ。

 EURO準決勝という大舞台でも、憎らしいほどの冷静さで“コロコロPK”を成功させたジョルジーニョのプレーに、海外メディアも反応。米紙「ニューヨーク・ポスト」電子版が「ジョルジーニョのスタイリッシュなペナルティー」と見出しを打てば、英メディア「planet football」も「チェルシーのジョルジーニョはとてつもなくクールなペナルティーでイタリアを決勝に導いた」と記し、「鋼の神経を示した」と伝えている。ブラジルメディア「UOL」も「氷のように冷たい?」と綴り、冷静すぎる“コロコロPK”成功に驚きを示していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き