“PK職人”ジョルジーニョ、イタリア勝利の瞬間を回想 「すべてを忘れて集中した」

5人目のキッカーを務めたイタリア代表MFジョルジーニョ【写真:AP】
5人目のキッカーを務めたイタリア代表MFジョルジーニョ【写真:AP】

スペイン戦のPK戦で5人目のキッカーとして成功「やるべき呼吸をしてコントロールした」

 イタリア代表MFジョルジーニョは現地時間6日に行われた欧州選手権(EURO)準決勝スペイン戦で、決めれば勝利というPK戦5人目のキッカーとして登場。冷静に蹴り込んだキックに「すべてを忘れて練習でやってきたことに集中した」と話した。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 両者は90分間を1-1の同点で終え、延長戦でも決着がつかずにPK戦になった。この120分のなかでイタリアの3人のMFの中央に入ったジョルジーニョは、神出鬼没な動きをする相手FWダニ・オルモや、スペインの中盤の揺さぶりに走らされる試合展開になったが、最後まで耐えるチームの中央で存在感を放った。

 そして、PK戦の1本目でイタリアはMFマヌエル・ロカテッリがGKウナイ・シモンにセーブされたものの、スペインはオルモが枠を外した。その後は両者ともに成功が続いたが、スペインは4人目のFWアルバロ・モラタがGKジャンルイジ・ドンナルンマにセーブされた。そしてイタリアは5人目のジョルジーニョが冷静に決めて、PK戦を4-2で制した。

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーでのジョルジーニョは、今季PKだけでリーグ戦7ゴールを決めてチーム内得点王という完全なPK職人。この日も、決めれば勝利というプレッシャーのかかる場面で、独特のステップを踏んでシモンのタイミングを外し、アッサリと流しこんだ。

「最高だね。強い相手との試合で耐えることになると思っていた。走らされたよ。勝利に値したと思う。あの時、すべてを忘れて練習でやってきたことに集中した。自分がやるべき呼吸をしてコントロールしたよ」

 そのうえで、予選を10戦全勝で突破し、準々決勝までも5戦全勝。ジョルジーニョは、この準決勝で苦しんだ末にスペインを退けたチームに対する自信を語った。

「このグループは諦めないし、イタリアは諦めない。素晴らしいグループで、最高の価値を持っている。一緒に苦しんで、一緒にプレーして、一緒に冗談を言い合って、時に主張をし合うけど、僕らは家族だ。ベンチになった選手も、他の選手を助ける。最高だよね」

 イタリアはこれで1968年の自国開催で優勝して以来、2回目のEURO優勝に王手をかけた。このスペイン戦以外ではパスワークの中心になっているジョルジーニョは、決勝戦ではどのようなプレーを見せてくれるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き