マンU「年俸ランキング」を英紙公開 1位は30億円…「犯罪的に安い」選手は?

「ザ・サン」紙がユナイテッド1軍25選手の年俸リストを発表【写真:Getty Images & AP】
「ザ・サン」紙がユナイテッド1軍25選手の年俸リストを発表【写真:Getty Images & AP】

【英国発ニュースの“深層”】新加入サンチョの年俸28億円を受けて英紙が特集

 マンチェスター・ユナイテッドが2年越しで、ようやくイングランド代表MFジェイドン・サンチョを獲得した。昨年はドルトムントから1億ポンド(約153億5000万円)の移籍金を要求されたことで、ユナイテッドが交渉を打ち切った形になっていた。しかし欧州サッカー界にも深刻な経済的打撃を与えた新型コロナウイルスの影響で、今夏はドイツの名門クラブが背に腹はかえられず、しかも7300万ポンド(約112億円)という金額への値下げに応じて、サンチョを売却した。言わば、この点では獲得側のユナイテッド勝利に終わった移籍となった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 6月30日、正式に加入が発表されて、7月2日付の英大衆紙「ザ・サン」が21歳新加入のサンチョの年俸額を報道。クラブ第2位になると伝えた。

 その金額がなんと週給35万ポンド。英国では今も、サッカーのプロ創世記に試合が行われるごとに給料が支払われていた伝統を守り、選手の給料を「週給」で表す。これを日本円にするとびっくり。なんと5370万円となるのだ。年俸表示すると1820万ポンド。しつこいようだが、日本円にするとこれが約28億円なり。いやはやなんとも、これは本当に夢がある数字だ。

 しかし、だ。この「ザ・サン」紙が掲載したユナイテッド1軍25選手の年俸リストを見て、サンチョの給料に感心すると同時に、ある種の不公平感も抱いてしまったのである。

 サンチョが第2位となったレッドデビルズの給料リストの第1位は、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアだ。その年俸1950万ポンド(約30億円)である。ちなみにこれはプレミアリーグの最高給でもある。これ、控えのディーン・ヘンダーソンの台頭もあり、過去10年にわたりがっちりと守ってきた不動のレギュラーGKの座が脅かされた昨季の印象からすると、非常に高い。ただし、デ・ヘアがこの年俸で契約したのは、レアル・マドリードから強烈な勧誘がかかっていた直後で、当時は世界一との評価だったこともある。

 GKがクラブ一の高給取りというケースは珍しいが、これも2009年にクリスティアーノ・ロナウドを引き抜かれて、レアルのユースクラブ扱いされた過去の再現はごめんだという思いの表れなのか。ユナイテッドがクラブの面目をかけて、デ・ヘアに大奮発した結果がこの金額となった。

 まあ、これはやはり、こうした運、不運もプロの実力のうちなのだろうと納得もできる。GKがこの年俸オファーを見せられれば、デ・ヘアでなくともユナイテッドに生涯の忠誠を誓ったはずだ。

page1 page2 page3

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」