「ロナウジーニョ流」 元JリーガーFWフッキ、“エラシコ”突破に現地注目「美しい」

アトレチコ・ミネイロFWフッキ【写真:Getty Images】
アトレチコ・ミネイロFWフッキ【写真:Getty Images】

アトレチコ・ゴイアニエンセ戦で2アシスト、美技で相手翻弄のシーンにブラジルメディアが熱視線

 かつてJリーグで猛威を振るい、その後ブラジル代表にまで駆け上がったFWフッキは、今年1月から母国のアトレチコ・ミネイロでプレーしている。攻撃の中心として活躍するなか、現地時間1日に行われたブラジル1部リーグ第8節アトレチコ・ゴイアニエンセ戦(4-1)で美技を見せ、現地メディアで「ロナウジーニョ流」と話題を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 フッキは2005年に18歳で来日。当時の川崎フロンターレでは外国籍選手枠の関係で出場機会を思うように得られなかったが、翌年に当時J2のコンサドーレ札幌に期限付き移籍すると点取り屋として覚醒。38試合25得点をマークすると、翌07年には同じJ2の東京ヴェルディに期限付き移籍し、42試合37ゴールでJ2得点王に輝いた。

 そして08年夏にポルトガルの強豪ポルトへ完全移籍すると、世界的ストライカーとしての名声を獲得。ロシアのゼニトでもゴールを量産し、ブラジル代表としても活躍した。16年からは中国1部の上海上港(現・上海海港)でプレーしていたが、昨年12月に契約満了で退団し、今年1月にアトレチコ・ミネイロへ加入している。

 4月に行われたクルゼイロ戦で乱闘騒ぎを起こしたフッキだが、これまで数々のゴラッソを生み出してきた左足は健在。今季もここまで公式戦26試合9得点をマークしている。アトレチコ・ゴイアニエンセ戦では2アシストとチャンスメークで存在感を放ったが、そのシーン以外でも観る者を魅了する美技を見せた。

 敵陣左サイドでタッチラインを背にしてボールを受けたフッキ。左足裏で止め半身の体勢でマーカーと対峙すると、次の瞬間、左足アウトサイドでボールを外に転がしながら、素早くインステップに乗せるようにして前に持ち出す“エラシコ”を披露。パワー系FWのフッキらしく、この技の使い手だった“天才”ロナウジーニョに比べるとやや動きに滑らかさを欠くものの、見事に相手の逆を取り左足アウトサイドで縦にパスをつないだ。

 スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターは、「ロナウジーニョ流のフッキ」と綴ると「クレイジー」との一言で美技を称賛。ブラジルメディア「Torcedores」も「フッキはアトレチコMG勝利のなかで対戦相手に美しいエラシコを披露」と伝えれば、衛星放送「FOXスポーツ」ブラジル版公式ツイッターも「フッキはエラシコでマーカーから美しく逃げる」と記し、34歳となった“超人”が見せた美技に注目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」