ミラン10番チャルハノール、インテルへ“禁断の移籍”へ オプション付きの3年契約で合意か

ミランで「10番」を背負うトルコ代表MFハカン・チャルハノール【写真:Getty Images】
ミランで「10番」を背負うトルコ代表MFハカン・チャルハノール【写真:Getty Images】

メディカルチェック後に契約とEURO特派のトルコ記者がレポート

 セリエAの名門ACミランで「10番」を背負うトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、来季から同じミラノのライバルであるインテルへ“禁断の移籍”をすることが決まったようだ。トルコメディア「TRTスポル」の特派員が、本人からのコメントを得たと報じている。

 トルコは欧州選手権(EURO)でA組に入ったものの、すでにグループステージ3戦全敗で大会を終えた。そのため、それぞれの選手たちは来季に向けて必要な決断をすることが可能な時期に来た。なかでも、チャルハノールはミランとの契約が6月末で満了し、契約延長オファーを受け入れるのか、新天地を求めるのかの選択が注目されていた。

 EUROに派遣されていたという同メディアの特派員イブラヒム・クルカヤク記者は、「インテルと合意した。ミラノへ飛ぶ。明日(22日)に契約する」というコメントを得たという。

 また、別の特派員が得た情報として、インテルとは1年のオプションが付帯した3年契約で合意。メディカルチェック後に契約するともレポートされた。

 ミランで10番を背負い、今季は活躍が顕著だったチャルハノールだが、契約延長交渉の難航はシーズン中から伝えられていた。そして、新天地は同じミラノのインテルと、「禁断の移籍」が実現することになるようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング